【帯広刑務所編】塀の中「倍返し」些細な恨みを買えば、血の粛清《懲役合計21年2カ月》 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【帯広刑務所編】塀の中「倍返し」些細な恨みを買えば、血の粛清《懲役合計21年2カ月》

シャバとシャブと地獄の釜Vol.02

◼︎ボクが二級雑居房へ戻った理由
 

 秋が過ぎ、またやって来た冬のある寒い朝。ボクは担当台の部長から呼ばれ、「サカハラ、雑居に戻ってくれないか」と言われて、以前いた雑居房とは別の二級雑居房へ入れられた。

 ボクの入った雑居房には、部屋長の「赤いランドセルの松」がいた。この松は囲碁が上手で、よくボクと対戦したものだ。しかし、3回に1回しか勝てないボクは、負けてはよく悔しい思いをしてい た。

 この頃の松は、仮釈放の面接がかかっていたが、大阪の保護協会からその受け入れを拒否されてい た。大阪で事件を起こしていたからだ。

 その後も仮釈もらいたさに、全国の保護協会に受け入れを申し込んでいたが、卑劣で猥褻(わいせつ)な事件を起こした松のような性犯罪者はどこも簡単には受け入れてくれない。

 もし受け入れて、その地域で未成年の児童が、松の被害者にでもなったら、大変なことになるからだ。だから、拒否するのが当然だった。

 黒く歪んだ欲望の性衝動によって、幼い子どもたちが犠牲になっているこのような犯罪は決して社会では赦されない。寛容な神様であっても赦さないだろう。だから、面接はかかったものの満期の公算が強くなった松は〝蛇の生殺し〟といった感じで、長く感じる懲役の一日一日に苦しみ喘いでいた。

『ヤクザとキリスト〜塀の中はワンダーランド〜つづく)

KEYWORDS:

 2020年5月27日『塀の中のワンダーランド』
全国書店にて発売!

 新規連載がはじまりました!《元》ヤクザでキリスト教徒《現》建設現場の「墨出し職人」さかはらじんの《生き直し》人生録。「セーラー服と機関銃」ではありません!「塀の中の懲りない面々」ではありません!!「塀の中」滞在時間としては人生の約3分の1。ハンパなく、スケールが大きいかもしれません。

 絶望もがむしゃらに突き抜けた時、見えた希望の光!

 「ヤクザとキリスト〜塀の中はワンダーランド〜」です。

オススメ記事

さかはら じん

さかはら じん

1954年生まれ(本名:坂原仁基)、魚座・O型。埼玉県本庄市生まれの東京育ち。幼年 期に母を亡くし、兄と二人の生活で極度の貧困のため小学校1カ月で中退。8歳で父親に 引き取られるも、10歳で継母と決裂。素行の悪さから教護院へ。17歳で傷害・窃盗事件を 起こし横浜・練馬鑑別所。20歳で渡米。ニューヨークのステーキハウスで修行。帰国後、 22歳で覚せい剤所持で逮捕。23歳で父親への積年の恨みから殺害を実行するが、失敗。 銃刀法、覚せい剤使用で中野・府中刑務所でデビューを飾る。28歳出所後、再び覚せい剤 使用で府中刑務所に逆戻り。29歳、本格的にヤクザ道へ突入。以後、府中・新潟・帯広・神戸・ 札幌刑務所の常連として累計20年の「監獄」暮らし。人生54年目、獄中で自分の人生と向き合う不思議な啓示を受け、出所後、キリスト教の教えと出逢う。回心なのか、自分の生き方を悔い改める体験を受ける。現在、ヤクザな生き方を離れ、建築現場の墨出し職人として働く。人は非常事態に弱い。でもボクはその非常事態の中で生き抜いてきた。

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

塀の中はワンダーランド
塀の中はワンダーランド
  • じん, さかはら
  • 2020.05.27