——なるほど、爽やかで青春っぽい! ではここらで、そんな“青春”をメインテーマにした、SUPER☆GiRLS 16枚目のシングル『スイート☆スマイル』のお話を聞いていきましょう。ズバリ、この曲の聴きどころは?

内村 言葉のひとつひとつにしっかり意味があって、“染みる”歌詞になっています。4月は新たなスタートの時期であり、楽しみも不安もあると思いますので、この歌を聴いて元気になってもらえたら嬉しいです♪

——いま現在、内村さん自身が不安に感じているコトってありますか?

内村 高校2年生になって専攻科目が変わったので、クラスの友達や先生など、周囲の環境がガラリと変わったので新入生気分を味わっています。

——早く慣れるとイイですね。ところで“青春”というキーワードからは何を連想しますか?

内村 学生生活ですかね。中学生の頃は週5でレッスンを受けていたから、あまり友達と遊んだりが出来なかったので、高校生になって友達とファミレスでお昼ご飯を食べたり、一緒にテスト勉強したりっていう普通の高校生生活が、まさに青春だなぁって感じますし、すごく楽しいです!

 

——高校時代って、なんだかんだ言って一番楽しい時間ですからね。また、先ほど歌詞が“染みる”と仰っていましたが、お気に入りのフレーズがあれば教えてください。

内村 Dメロの「思い通りにすべていってしまったら やさしくなんてなれないから」という歌詞が、すごく共感出来て好きですね。私自身も「全部思い通りにいけばラクなのになぁ」って思う瞬間はたくさんあるけど、そんな時にこの歌詞を思い出すことで「良い事も悪い事も、すべてに意味がある」と気付かせてくれるんです。

——お〜100点の回答! 確かに「苦労を味わった分だけ、人は人に優しくなれる」なんて言いますからね。では、続いてこの曲のライブでの見所を教えてください。

内村 サビ部分の振り(両手でカメラのフレームを作るような動き)がキャッチーかつ、簡単で真似しやすいので、皆さんも一緒に踊って楽しんでもらえると思います!
 

——確かに振りコピも簡単! これはついつい真似したくなっちゃいますね。この3月に前リーダーの前島さんが卒業。新たに13人体制としてスタートしたワケですが、意識面やパフォーマンス面などで変わったと感じる部分はありますか?

内村 今は、一人一人のパフォーマンス力を上げていかなきゃならない時期だと思うので、レッスンでもライブでもそこを意識するようにしています。

——具体的言うと、どういった部分を磨く必要があると考えますか?

内村 私の場合は歌ですね。ありがたい事に歌わせてもらえる機会も増えている分、上手く歌えなかった時には「どこが悪かったんだろう?」と自分なりに振り返りつつ、ボイストレーニングの先生にもアドバイスをもらったり、レコーディングの際にはサウンドディレクターさんにも相談しつつ、少しでも良くなるように心掛けています。

——それは、SUPER☆GiRLSというグループに求められる歌声に近づけるということですか?

内村 自分の中で“シングルを出すたびに成長していく”という約束事もありますし、サウンドディレクターさんも「アイドル(SUPER☆GiRLS)としてではなく、自分のやりたいように歌っていいよ」と言って下さるので、内村莉彩という歌声を模索しながら成長出来るように、色んなアドバイスをいただきながら頑張っています。