ステージのテンションは最高潮のまま
動画・アーティスト組へとバトンタッチ!!

 

■東海オンエア

“神の力を授かりし6人”が織り成すハートフルコメディをお送りする東海オンエア。
名古屋の海からはるばる東京湾に上陸してきた3人が、「俺たちは東海オン“エア”だから、空を飛ぶ!」とエアリアルなジャンプモーションでカラフルなペイントを浴びる、ある種幻想的ですらある動画をオンエア。

なお、本日公開の動画はすべて、クリエイターたちの力もあるが(MVを含め)YouTubeの技術支援もあって製作されていた。

 

■コバソロ(with杏沙子)

アーティストのプロデュースから、作詞作曲編曲、演奏、デザイン、動画製作などをマルチにこなすクリエイター・コバソロによる楽曲『全力ヒーロー』の後、コバソロと杏沙子共同となる新曲『さよならSMILE』とそのPVをステージ上で初披露。

 

■RIRI(リリ)

続いて、16歳の実力派シンガー、RIRI(リリ)による『Next to You』のダイナミックなパフォーマンスが、東京国際フォーラムの大迫力の音響で響いた。

 

■SEIKIN

ライブイベント開始から1時間、iTunes Music storeエレクトロニックシングル・アルバムチャートともに1位を獲得した自身の楽曲『Keep Your Head Up』とバックダンサーを引っ提げて、SEIKINが舞台へ。

この時、歌うSEIKINのバックには今回の為に全国から投稿されたファンアート(その応募数、実に1000件超え!)が流れ、彼を支える日本全国のファンの存在を強く感じられた。

 

■木下ゆうか

料理や話題の商品、お店の食レポなど、食関連の動画で日本に限らずアジア・世界にファンを持つ木下ゆうかは、クリスマスディナーをイメージしたファンタジーな動画で会場を魅了。

 

■sumika(スミカ)

2016年の公開で、すでに再生回数が370万回を記録しているsumikaの『Lovers』と、11月に公開されエキストラ100人が躍り出すPVが話題になった『MAGIC』が始まると、彼らのポップなムードに会場の空気も一気に明るく!

 

■フィッシャーズ

 

スポーツマンからダンサー、歌い手、クリエイター、社会人まで個性の光る7人からなる思い出系ネットパフォーマンス集団、フィッシャーズ。
今回、なんとSoftbankが提供するサービス「ギガモンスター」とコラボレーションムービーを作成したことを発表!
彼らならではのライブ感ある動画で、最近ハマっているという“バスケットボール”をモチーフを通して通信制限がかかり低速になった時のイライラ感を表現していた。

また、ステージ上で、Softbankが誇るあの“人”ともコラボレーション!

お父さん!?

赤い衣装が輝くンダホにおびえるお父さんが、ステージ端に逃げてしまうハプニングはあったものの、無事にメンバー全員と記念写真を撮影。
フィッシャーズとSoftbankとのつながりをより強めた一幕となった。

 

■井上苑子

11歳から大阪の心斎橋で路上ライブを始め、2015年にメジャーデビューした井上苑子。
この日は、デビューから変わらないアコースティックギターの弾き語りスタイルで、『ナツコイ』『エール』を奏でた。

 

ラスト1時間、大物たちのラッシュが始まる。

次のページ まさかのあの人たちの登場。