■「1番・ピッチャー大谷」を決断した監督室で

 今年、大谷を1番・ピッチャーで起用した日の試合前、本人を呼んで話した。

「オレも翔平も、負けたら相当批判されるからな」

 彼は何も答えず、「わかってますから」とでもいうような感じで部屋を出ていった。
 そして、プレイボール直後、先頭打者初球ホームラン。
 まるでマンガのひとコマのようなシーンを現実世界でやってのけ、批判を寄せ付けなかった。
 今年のような一年をもう一度やってみろと言われても、それは絶対に無理だろう。すべての出来事、すべての決断、すべての言葉に意味があり、それらが複雑に絡まりあって、一生の宝となる貴重な経験をさせてもらうことができた。(「最高のチーム」の作り方・栗山英樹著より抜粋)