■パイオニアが野茂英雄投手で本当に良かった

 

 私は、日本のメジャーリーガーにおけるパイオニアが野茂英雄投手だったからこそ、今、多くの日本人投手がアメリカで活躍できているのだと思います。

 彼が95年にロサンゼルス・ドジャースへ移籍していきなり13勝を挙げ、オールスター戦でも先発するほどの活躍を見せたからこそ、メジャーリーグも「日本人はすごいじゃないか」と評価を高めたはずなのです。
 現在、メジャーリーグで活躍する上原浩治投手、岩隈久志投手、ダルビッシュ有投手、田中将大投手、前田健太投手ら日本人投手は、もちろん素晴らしいピッチャーです。でも、野茂投手がメジャーリーグ通算123勝など、アメリカ人を納得させるだけの成績を残さなければ、また違った評価になっていたようにも感じています。

 僕が野茂投手より前にメジャーリーグに行っていなくて良かったな、と思っています。