STEP 1
コーヒー豆を測る。

まずはスケールに乗せたメジャーカップにコーヒー豆を入れて、豆の量を測る。美味しい1杯は、正しい計量から。「目分量でエイヤッ!」なんていうのはダメであると心得て。

写真を拡大 ひとり分の豆の量は、15g。これで、200cc弱のコーヒーが採れる。

 

STEP 2
ペーパーを折る。

ドリッパーにペーパーをセットする前に、ひと準備。最初にペーパーの縫い目部分を折り返す。続いてドリッパーにフィットさせるべく、平面だったペーパーのクセを取る作業も。

写真を拡大 円錐の折り目を起こして指で撫でると、ペーパーが平面から立体に。

 

STEP 3
湯せんをする。

ペーパーをセットしたら、お湯を注いでペーパーの紙臭を取り、ドリッパーとサーバーを温める。

写真を拡大 さらに愛用のマグも温めておこう。