【あなたがいつまでも不幸な理由】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

あなたがいつまでも不幸な理由

薬を使わない精神科医宮島賢也が説く、「お母さん病」克服の方法とは?

 今ちょっと辛いな、気分が落ち込んでいるループから抜け出せないとき、「自分はうつかもしれない」と余計にマイナスな考え方に囚われていませんか? 
 しかし、薬を使わない精神科医の宮島賢也氏によると、自分で「うつかもしれないな」と思ったときこそ、ハッピーになれる可能性があるとのこと。著書『医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本』より、その真意を紹介したいと思います。

 

◆「うつ」という病気はマイナスのことばかりではない

 自分が人よりストレスを溜めやすいことに気づいて、生き方が苦しいのかも、と気づく方がいます。
 しかし大部分の方は、うつ、がん、リウマチになってはじめて、今までの生き方、考え方の苦しさに気づきやすくなります。
 うつの場合、薬を飲んで再発を繰り返し、何度目かでやっと自分の生き方、考え方が苦しいことに気づく人が出てきます。思い込みは小さい頃から心の奥深くまでしみ込んでいるので、なかなか「思い込みが苦しみのもと」、とは気づきにくいのです。

 そこでメンタルセラピーでは、症状が出たときをチャンスと提案しています。
 たとえば「昇進うつ」。部長になったとき、課長になったとき、給料が上がって周囲の扱いも違ってくると、うれしさでいっぱいになる人がいます。その一方で「部下は増えるし、仕事の責任も増える。不安だ」「とても自分は部長の器ではない。やれない。無理だ」とうつになる人がいます。
 漠然とした不安をふくらませ、不安のとりこになっていき、イライラしたり気分が落ち込んでいったり……。これは昇進うつです。

 うつになる人に共通するのは「自己否定」という観念のとりこになっていて、自分を信じられず、自尊心が低く、自分を愛せないでいる心の状態です。うつになったことさえも「自分は弱い人間だから」「神経が細かすぎるんだ」と卑下して自分を責めます。

 昇進うつを訴える患者さんにぼくは
 「落ち込みなどのうつ症状が『生き方が苦しい』と教えてくれていませんか。症状が出たら、考え方を変えるチャンスです。うつが過労死や自殺から守ってくれていませんか」
 と問いかけます。病気やうつの根本には幼いときから刷り込まれた「自己否定」「自己嫌悪」「自責感」があります。
 病気はこれに気づく機会。
 この思い込みを開放していきましょう。

◆他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる

 精神医学や心理学では、過去の心の傷を探求する方法がありますが、メンタルセラピーでは過去をほじくり返すことはしません。
 たとえば親子関係が苦しかったとわかっても、過去に戻って修復はできません。親に認めてほしい、変わってほしい、と思うと苦しさが続きます。
 相手は変えられない。過去のつらいことではなく、今からこれからのうれしいことを大切に生きる。
 それがメンタルセラピーのシンプルな考え方です。
 今の苦しみを「お母さんのせいだ」「お父さんが仕事中毒だったから」と過去の家族関係のせいにしても心が楽になることはありません。
 家族をありのままに受け入れ、自分もありのままに受け入れる。それだけで生きるのがとても楽になります。それから、子供からは始まりません。親が笑顔になれば子供も笑顔になります。
 相手を受け容れられないと思う時は、無理しないでください。自分が笑顔になる距離を取ることを勧めます。まずは自分を楽にしましょう!

KEYWORDS:

オススメ記事

宮島 賢也

みやじま けんや

薬を使わない精神科医

医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本大好評発売中



人はどうしてうつになるのか?

うつの原因に潜む「お母さん病」の実態に迫り、そこから脱出するにはどうしたらいいか22の実例とともに脱出方法を例示。



~プロフィール~

1973年神奈川県生まれ。防衛医科大学校を卒業し、研修中に意欲がわかず精神科を受診、うつ病の診断を受ける。自身が7年間抗うつ剤を使った経験から、「薬でうつは治らない」と気づき、医師以外の人や書物から食生活や人間関係、潜在意識や考え方を変えることの大切さを学び、うつ病を克服する。その経験を踏まえ、患者が自ら悩みに気づき、それを解決するお手伝いをするメンタルセラピーを開発。現在、国際メンタルセラピスト協会専務理事であり、メンタルセラピストの養成を行う。執筆活動とともに、薬に頼らずに自分で健康に幸せになるための講演会も全国各地で実施。

著書に『医者の私が薬を使わず『うつ』を消し去った20の週間』(中経出版)、『自分の「うつ」を治した精神科医の方法』『同[イラスト図解版]』(以上、河出書房新社)、共著に『安保徹免疫学症状別実践法・入門』(宝島社)、『どうせ生きるなら「バカ」がいい』(村上和雄との共著、水王舎)などがある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本
医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本
  • 宮島 賢也
  • 2014.01.21