上手な運転士ほど、「ATCに当てない運転」の技術、運転士としての誇りをもっています。デジタルATCではかなり緩和されましたが、ATC任せでブレーキがかかると衝撃があり、乗り心地に影響するからです。

 一例ですが、運転士たちは風景で距離を知り、そこから到達時間を割り出して速度を制御。秒単位の運転を日々こなしています。

速度計も針が横移動する視認性が高めらた設計となった。ATCの車内信号が、速度の上に現示される。速度計の数字は時速260キロまで刻まれている。

 昭和50(1975)年5月、英国エリザベス女王ご夫妻が国賓として来日した際の出来事です。

 京都訪問が予定されていましたが、折からの労働組合による春闘決戦ストライキにより新幹線が運休。

 やむなく往路は空路を利用されましたが、帰路は新幹線にご乗車されました。

 女王陛下は新幹線への関心が高く、予定を変更し、ご乗車される新幹線の入線をホームで眺められたほどです。しかし、当日は大雨のため名古屋到着ですでに3分の遅れ。

 雨による徐行区間があった影響でした。遅れは進み、浜名湖通過で4分に、三島通過で1分取り戻すのが精いっぱいでした。

「日本の新幹線は時計より正確だと聞いています」という女王陛下のお言葉。国鉄関係者にあきらめムードが漂いましたが、ここで職人技の「ATCに当てない運転」です。

 担当の運転士はATCでブレーキがかかる頭打ち速度210キロ(現在はやや高めに設定)を超えない209キロで運転を維持。

 不可能と思われた東京駅の定刻着を実現したのです。

 しかも、富士山付近では名峰をご覧いただくために速度を下げていました。

 到着後、夫君のフィリップ殿下は「快適な旅行でした」と述べ女王陛下も笑顔でうなづかれ、新幹線には大変満足して帰国の途に就かれています。

エリザベス女王、画像NASA