カエルの毒で心身を浄化させるという衝撃的な「カンボ儀式」の模様はご覧になっていただけたでしょうか? 今回はカンボ儀式の主宰でもあるシャーマン・Rich D’Amaruさんにお話を伺ってきました。なぜシャーマンという道を選んだのか、シャーマニズムとは何か? 穏やかな表情で語るその言葉からヨガトラベラー・土屋愛が得たものとは…。

■ヨガへの目覚めがシャーマニズムへの道を拓く

 リッチさんは、ニューヨークでは人気のタトゥーアーティストでした(これが、彼が全身にタトゥーをしている理由です)。かつては大きな家に住み、ロックスターのような生活をしていたそうです。

 アメリカのタトゥー文化は日本とは比べものにならないほど、大きな市場を持っています。ニューヨーク市在住のタトゥーアーティストの平均年収を調べてみたところ、約800万円だそうです。人気アーティストにもなるとさらに稼いでいるはずなので、余裕のある生活をしていたのも想像ができます(引用元:https://www.paysa.com/salaries/tattoo-artist--new-york,-ny--tl)。

 そんなリッチさんが、シャーマニズムに興味を持つ前にハマっていたのは「ヨガ」だそう。ヨガを始めるほとんどの人は、まず「身体的な効果」を期待してクラスに通います。実際に、柔軟性は上がりますし、お腹もスッキリして全身にしなやかな筋肉がつき始めます。

 そして、身体的な効果を感じる頃には、呼吸への意識が変わったりマインド(頭の中)の整理が始まったりと、「精神的な効果」も実感するようになります。

 リッチさんもヨガに目覚め、多くの先生の下で勉強し始めたところ、ヨガとシャーマニズムを教える先生に出会います。そこから人生が大きく動き出し、南米に「アヤワスカ」(※アマゾン川流域に自生するキントラノオ科のつる植物を煮出して作る)を勉強しに行く事になったそうです。

■南米に存在するヤワナワ族との出会い    

 「ナショナルジオグラフィック」によると、南米には「外部との接触を一切持たない部族」が未だ84部族も存在し、外部との接触を持つ部族も含めると400もの部族がアマゾン熱帯雨林に存在するそうです。

 部族によっては、外部との接触をうまく活かしながら生活をしている部族もおり、ヤワナワ部族もそのひとつです。2,000人ものメンバーを持ちブラジルのアクレ州からペルー、ボリビアまで拠点を広げています。彼らは市内で音楽活動を繰り広げたり、世界中から訪れる人々に治療を目的とした儀式を行ったりします。

 リッチさんは7年前にペルーを訪れて以来、毎年ヤワナワ族の下で「プラントメディスン」(植物を使った治療法・儀式)を学び続けているそうです。

次のページ ジャングル生活の波長によって現代社会で蓄積された毒素が浄化される