「情」に厚く善政も評価される三成の実像に触れる近江路【滋賀県 長浜市・米原市・彦根市】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「情」に厚く善政も評価される三成の実像に触れる近江路【滋賀県 長浜市・米原市・彦根市】

「びわ湖北東部巡り」の旅②

 徳川治世の長い歴史では政権簒奪に失敗し「奸臣」とされてきた石田三成。
 しかし、近代の歴史学者たちの研究により、「義」を重んじて、「情」にも厚かったという人物像と官僚としての功績も見直され、再評価されている!
 そこで、生まれ故郷・近江を訪れ、三成の実像と足跡に触れる「びわ湖北東部巡り」の旅を提案しよう!

■領地と領民を愛し、民からも愛されていた

石田三成肖像画
関ケ原の合戦後、三成を捕えた田中吉政の子孫が三成の菩提を弔うために、ゆかりの龍潭寺に奉納したとされる肖像。(彦根 龍潭寺蔵)

 

 三成は太閤検地(たいこうけんち)を奉行として取り仕切った優秀な実務官僚だった。半面、豊臣恩顧(おんこ)の大名では武功を誇る加藤清正(かとうきよまさ)、福島正則(ふくしままさのり)らと折り合いが悪く、戦巧者でもなかったという。

 しかし、だからといって三成を「愚将」と一刀両断に論じるのは禁物だ。将たる者、戦に強いだけがすべてではない。三成は領国経営においては「名君」であり、その事績の痕跡は成菩提院(米原市柏原)や、居城であった佐和山(さわやま)城の周辺に多く残る。

『石田三成十三ヶ条成菩提院村掟書(じょうぼだいいんおきてがき)』は、三成みずから領地の農民に発した掟書である。

石田三成『十三ヶ条成菩提院村掟書』
文禄5年(1596)3月1日付で一斉に公布した掟書。農民の保護を目指した名君・三成の姿を今に伝える。(成菩提院蔵、柏原宿歴史館提供)

 

 農民が読めるようにあえて仮名を多用するなど配慮した、他に類を見ない書状である。

 内容は農民の権利を保証したもの。

「農民夫役(戦の兵や築城の人足として徴用)には対価を提供する」

「農地は検地帳に記された農民のもので奪いとることを禁じる。糠(ぬか)や藁(わら)などを奪われても訴状を提出できる」などと記されている。

「年貢率は稲刈りの前に田の状態を見て決定する」ともある。米の収穫は天候などによって毎年異なるため、不作の年には高い年貢を強要しない、そう断言しているのだ。

 

 また、『佐和山城図』からは三成の城下整備が読み取れる。

『佐和山城図』
江戸中期作成。図中央やや左の茶色の部分(佐和山山頂)に「天守跡」と記されている。(彦根城博物館蔵)

 

 佐和山は越前・美濃・近江・京都の中継地であり、かつ琵琶湖の水運の要衝(ようしょう)にあった。

 三成は交通・流通の拠点を担うにふさわしい都市に整備した。佐和山の山頂に天守を持つ城、城下には侍屋敷を建て、人々の往来を奨励し発展させた。

佐和山城跡(彦根市古沢町・佐和山町)
佐和山は標高232.9m。団体で登る時には、清凉寺まで問い合わせが必要。☎0749-22-2776

 

 宗安寺(そうあんじ)の歴史ある山門は、後に彦根を治めた井伊(いい)家が、三成の時代の佐和山城大手門を移築したものと伝わる。

宗安寺大手門(彦根市本町)
通称「赤門」と呼ばれ、三成が城主時代の佐和山城から移築したものと伝わる。

 

KEYWORDS:

石田三成巡礼ツアーをさらに楽しむ方法!
【ガイド付き貸切プラン「三成タクシー」運行中!】

ガイド付きで巡る三成タクシー/ゲーム『戦国無双4』に登場する三成のキャラクターを描いた特別仕様のラッピングカーもある。

 戦国武将・石田三成が生まれ育ち、秀吉と出会い、居城をもった地、滋賀県の長浜市・米原市・彦根市。3市には、石田三成公のゆかりの場所が各所にある。
 試験に合格し認定されたタクシードライバーによる案内付き貸切タクシープラン「三成タクシー」が運行中だ。三成タクシーは長浜駅、彦根駅、木ノ本駅から出発する3つのコースがあり、いずれも所要2時間ほど。ドライバーによる詳しい案内に耳を傾けながら三成の足跡を辿ることができる。
 また、愛用の「乱髪天衝脇立兜(らんぱつてんつきわきだてかぶと)」を模した「三成めし 華麗なる三成」など、三成ゆかりの地をより楽しめるコンテンツも充実。
 歴史ロマンあふれる3市にぜひ足を運んでみよう。

【ゆかりの地には三成マンホール】
石田会館などの近くには「大一大万大吉」を描いたマンホール。

【三成ゆかりの味「三成めし」】
三成をテーマのグルメ。和洋中の本格料理からスイーツまで多数。

オススメ記事