日本マクドナルドの創業者・藤田田による『ユダヤの商法』。1972(昭和47)年に刊行されたこの「金儲けの指南書」が令和の時代に再度脚光を浴びている。時代を超えても読まれるこの伝説のバイブルの主人公・藤田田とはいったい何者なのか。ユダヤの商法に目覚めたターニングポイント、藤田田の礎を築き上げた誕生“前夜”に迫るストーリーを3回に渡ってお届けする第1回目。

■『ユダヤの商法』は金儲けの指南書であり、起業家に勇気を与える実用的経済書

イラスト:渡邉孝行

 

 2019年4月12日に47年ぶりに復刊された藤田田著の新装版『ユダヤの商法』(KKベストセラーズ)が発売されてから現在(2020年2月)までに総計281刷88万8000部(今回の4刷含む)の増版を重ねた大ベストセラーである【同書の初版は1972(昭和47)年5月】。

 なぜ、今、『ユダヤの商法』が売れて、伝説の起業家・藤田田が脚光を浴びることになったのか——。

 それは時代が大きな変革期にあるからではないだろうか。すべてのモノがインターネットに繋がる「IoT」(Internet of Things)AI(人工知能)の時代がやって来る。インフラとなる5G(第5世代移動通信システム)が始動するが、サービス業では人手不足、製造業では終身雇用が終わりデジタル人材の世界的な獲得競争が激化している。また、新しいビジネスを興せる人材の育成を目的に、企業が副業&兼業を解禁した。

 このような変革の時代で個人の能力が問われる時代だからこそ、藤田田の『ユダヤの商法』が読まれるのだ。『ユダヤの商法』は、「こうすれば必ず儲かる」という金儲けの指南書であると同時に、ビジネスのタネを見つけて脱サラし、ベンチャー企業を興してみようという者へ勇気を与える実用的経済書だ。

 筆者は今から29年前の1991(平成3)年夏、同社広報部から依頼されて、藤田田に2時間近くインタビューし、『日本マクドナルドの20年史』に「凡眼には見えず、心眼を開け、好機は常に眼前にあり。藤田田物語」を400字40枚ほど書いた。藤田が65歳の時のことである。

 きっかけは1985(昭和60)年10月発行の学研(現・学研ホールディングス)のビジネス誌『活性』(A5判、廃刊)に、「銀座のユダヤ人 藤田田研究」の一編として、「証言 / 芽吹く商才 人生はカネやでーッ! これがなかったらなにもできゃあせんよ」を6ページ書いたことだ。

 この時は新橋にあった名簿図書館で藤田田の旧制松江高校(現・島根大学)時代の同級生10人近くをランダムにリストアップし、6~7人にインタビューし記事をまとめた。藤田は旧制松江高校時代、応援団団長やクラス総代などを務め人気者だった。藤田は松江高校には1944年~48年3月まで在籍。戦後、旧制松江女子専門学校(現・県立島根女子短期大学)の生徒だった吉原悦子さんと知り合い、後に結婚した。吉原さんは大阪船場の「いとはん」で、音楽部に籍を置いていたという。

 藤田は、筆者が書いた『活性』の記事を非常に気に入り、社長室の書棚に置いていたそうだ。それが1991年の夏に「藤田田物語」を書く、事の始まりだった。

旧制松江高校時代(右から3番目)
次のページ 1日の賃金240円時代に毎月5万円を貯金、40年間で2億円超!