年間262安打の大リーグ新記録、10年連続200安打達成…。イチローの偉大なキャリアは、日々、自分なりの「最善」を尽くすという強い信念で支えられていた。数々の言葉から、人生を切り開くヒントを読み解く。(児玉光雄 著『イチロー流「最善主義」で夢を叶える』より)

■「好きな言葉と言われると、すぐには思い浮かびません。何かを表現したい時、僕は言葉で表現するよりも、実際にやることで表現したいと思っています。ただ、嫌いな言葉ならありますよ。それは『成功』。この言葉、嫌いです(笑)」

(好きな言葉と嫌いな言葉について語った言葉)

「夢」とか「希望」という言葉は私たちをワクワクさせてくれる。多くの自己啓発書で、「夢を描くことの大切さ」や「希望を持って生きることの重要性」をこれでもかと言わんばかりに説き続ける。しかし、それでは弱過ぎるのである。

 確かに夢や希望を持って生きることは意味がある。しかし、小さな習慣や泥臭い行動を長期間積み重ねない限り、夢や希望を実現することは、まったく不可能。近道は存在しない。

 大きな夢を描くだけでは、ほとんどの場合、ただの気晴らしに過ぎない。なぜなら、多くの人々が夢に到達することなく挫折してしまうからだ。そして、なぜイチローが「成功」という言葉を嫌うのか? 多分イチローにとって成功者とは、「過去に偉大な業績を達成した人間」という意味であり、文字通り功を成し遂げてすでに最前線から引退した人間を指す。つまり、この人間は、「一丁上がり」なのである。

 現役時代のイチローにとっては、自分はまだまだ「発展途上の人間」であり、日々進化している手応えがあるから、この言葉を嫌ったといえなくない。日本政府から「国民栄誉賞」を授与したいという申し出を断ったのも、自分は成功者ではないという自覚から出た本音なのかもしれない。あなたが現役でいる限り、「成功」という言葉を封印して、日々進化することを励みに精一杯ベストを尽くす態度が求められる。