ライター、編集者、クリエイティブディレクター、撮影コーディネーターなどの肩書きを持つ筆者・小林久乃。本人が「幼少期からドラマオタクだ」と豪語するほど愛するテレビドラマの見どころについて語る。最新放送から、著書『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(好評発売中/KKベストセラーズ刊)の読者にぜひ見てほしい恋愛、結婚、女性の生きかたに関する過去作まで、週1イチ更新。読めばドラマが見たくなる、何か自分に衝動が起きるコラムをどうぞ。

若者たちが迷う答えはじいちゃんのFAXに

<あらすじ>

『同期のサクラ』
日本テレビ/毎週水曜 夜10時放送


“大手ゼネコンで同期入社をした北野サクラ(高畑充希)、月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)の5人。サクラの真っ直ぐな姿勢に、4人が心打たれて皆が自分の進みたい、進むべきに道に進んでいく。事故に巻き込まれて、9カ月間意識を失っていたサクラ。目覚めると、成長した同期たちの姿と、仕事も家族も体の自由さえも失った自分の姿があった。”

 

 この秋のドラマでだいぶ泣かされた作品が終わろうとしている。自分の夢には忠実に、世間のマナー違反を正す。こんなカタブツヒロインが、最終回を目前に控えて再生しようとしていた。それでも全10話を通して、どれだけ世の人間がサクラに励まされたのかを記しておきたい。

 第9話を見終えた感想をひと言でまとめるとするなら、消化不良だった。事故によって意識不明になり、目覚めたサクラ。たった9カ月の間、同期の仲間は人生の過渡期をひとつ超えていた。それもサクラの助言や、迷いのない生き方を見つめていたことがきっかけで、自信の持てる答えを自らの手によって導き出していたのだ。じいちゃんのFAXに書かれた文言、そのままに成長していた。大手企業を退職して、起業すると決めた百合は

「私が行くところを自分の居場所にすればいいんだって、思ったからさ」

 と進み出す。菊夫くんも新天地で自分の意見が言えるようになっていた。蓮太郎くんも理不尽な営業職を外れて、家族のためにも自分らしい仕事を探そうとしている。相談したのはサクラではない、愛する家族だ。葵くんも百合と結婚すること、仕事と真面目に取り組むことを決めた。

「これからはサクラにも言われように(仕事で)本物のリーダーになれるよう頑張ろうかなってさ」

 放送時間を通して、今までのサクラらしいところが際立つシーンが少なく、本人と同様に寂しく思ってしまった。私は親ではないけれど、我が子が成長して自分の手を必要としなくなった時、嬉しさと同時に寂しさも味わう雰囲気と似ていた。自分が望まなくても時間だけは、全人類平等に与えられて過ぎていく。でもその時間の波に乗れるのかどうかは、悲しいかな本人次第なのだと思い知らされた気分だった。

 ドラマだから4人が一気に成長をしたわけではない。30歳前後の人間が必死で生きていると9カ月間もあればだいぶ変わる。そんな昔のことも思い出した。出版社勤務で休みも睡眠時間も少ないのに、飲みにも行って、クラブで夜遊びをして、友達と遊んで、オタ活もして。フルタスクで生きておりました、私。今思うと信じられないけれど、生きようとする力が今の5倍はあった気がする。