【持ってるだけでアウト!? 貴方の車や、カバン、筆箱の中身、大丈夫!?】

 皆さんこんにちは! 茨城県でヨガのインストラクターの傍ら、新米猟師をしているNozomiです! 私の拙い文章を通して少しでも“狩猟”に興味のある方、すでに“狩猟”に携わっている方、そして何より“いのち”と向き合っている方のお役に立てれば幸いです。

 

 さて前回は、ジビエを食べる為に知って頂きたいことや、美味しい食べ方、各部位調理法や伝統レシピについお伝えさせて頂きましたね。今回は、狩猟活動に欠かせないナイフや、その扱いを法律に絡めてお伝えさせて頂きたいと思います。

 2017年、千葉県にて一人の男性が銃刀法違反の容疑で現行犯逮捕されました。なんと、彼のポケット入っていたのは、刃体8.4センチメートルの“カッターナイフ”でした。えっ! カッターで!? 狩猟をしている方はもちろん、狩猟とは程遠い世界に住んでいる貴方!! 貴方のカバンやペンケースの中に刃物は入っていませんか? この知識知らないと貴方も捕まってしまうかもしれません。

 

 狩猟をするにあたって必要な道具というものは沢山あります。狩猟には銃猟・罠猟・網猟とありますが、それぞれ必要な道具が変わって来ますね。もちろん獲物によっても変わります。ですが、どんな方法で何を狩るとしても、必ず必要になる道具が一つだけあります。それが“刃物”です。獲物の止め刺しから血抜き、解体まで刃物は必要になりますし、それ以外にも色々な使い道があります。例えば私は罠猟をメインに行っていますので、罠の設置後に安全装置になっている紙テープを切ったり、罠の設置を知らせる標識を取り付ける為の紐を切ったりと、獲物が捕れなくてもガンガン使います。近年アウトドアを趣味とされる方も増えてきて、趣味系の雑誌やサイトでブッシュクラフトやサバイバル術などを紹介される記事を目にすることも増えてきました。ナイフ一本でサバイバルなんて憧れます……( ゚Д゚) 早速ナイフを買って、私も山でサバイバル! なんて思ってるアナタ、ちょっと待ってください。刃物を取り扱う際に、必ず知っておかなければならないことがあるのです。