■西国と東国の「ヤマトの王」に対する見方の差

武烈天皇/『完全版歴代天皇』国立国会図書館蔵

 武烈天皇は異色の人物だった。人々が飢えに苦しんでいるときも、酒池肉林 を繰り広げたという。武烈天皇には子がなかったため、越(北陸)から、第十五代応 神天皇の五世の孫を探しだし、皇位につけた。これが継体天皇である。 このように、五世紀の雄略天皇は中央集権体制をめざし、その後王統が混乱していたことがはっきりとする

 その理由を突きつめれば、雄略天皇に代表される改革派と守旧派が分裂し、それぞれを推す豪族たちが、抗争を繰り広げたということだろう。

 七世紀に推進された律令制度導入運動の最初の一歩は、五世紀後半の雄略天皇の改革事業に求められる。

  けれどもここで、大きな謎が浮かんでくる。というのも、雄略天皇は周囲の有力者を次々に倒したが、誰がこの王を後押ししていたのか、『日本書紀』を読む限り、はっ きりと分からないことである。独善で人を殺し、「悪い王」と罵られた雄略天皇であっても、ひとりで皇位を簒奪し、改革事業を推し進めることは不可能であった。ならば誰が、雄略天皇の背中を押し、そしてなぜ、『日本書紀』は、そのフィクサーの存在を書きとめなかったのだろう。

 有力候補がいる。それが、「東国」である。

 全国に築かれた前方後円墳だが、五世紀後半以降、地勢図が大きく入れ替わっている。というのも、この時期の巨大前方後円墳は、近畿地方と関東地方に集中しているからである。

 これまで、古代の関東地方は、歴史の盲点であった。古代の華は「西」であり、関東や東国は、常に「西」に支配されるもの、という常識が罷り通っていたからである。

 だが、考古学は、古代の関東や東国の、知られざる実力に、ようやくスポットを浴びせようとしている。

 たしかに、弥生時代の東国は、後進地帯だった。ところが、ヤマト建国とともに、大量の移民と先進の文物が流入し、土着の民と棲み分けを果たし、それまで手つかずだった荒地を農地に変えていったのだった。こうして、東国に繁栄がもたらされ、五 世紀にいたると、朝鮮半島出兵の貴重な軍事力として期待されていくようになり、巨 大な前方後円墳を造営するだけの力を蓄えていったのである。

(次回に続く)

『聖徳太子は誰に殺された?』(ワニ文庫)より