ライター、編集者、クリエイティブディレクター、撮影コーディネーターなどの肩書きを持つ筆者・小林久乃。本人が「幼少期からドラマオタクだ」と豪語するほど愛するテレビドラマの見どころについて語る。最新放送から、著書『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(11月29日(金)発売/KKベストセラーズ刊)の読者にぜひ見てほしい恋愛、結婚、女性の生きかたに関する過去作まで、週1イチ更新。読めばドラマが見たくなる、何か自分に衝動が起きるコラムをどうぞ。

実直、素直、正直。この言葉の意味を反すうする

<あらすじ> 

『同期のサクラ』
日本テレビ/毎週水曜 夜10時放送


“2009年、春。「故郷に橋をかけたい」という夢を掲げた北野桜(高畑充希)は大手ゼネコンに入社。希望の土木課にはいけず、思ったことをところ構わず口にしてしまう実直な性格ゆえ、関連会社に出向させられてしまう。そんなサクラの同期は、月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)。サクラを中心とした社会人の葛藤や歓喜が描かれていくのだが、2019年の現在。サクラは病院の意識のないまま、病院のベッドに寝ている−−−”

 このドラマは設定、演出が特徴的であることがスタート前に話題になった。第一話は2009年、第二話は2010年……と、新卒入社から32歳まで、5人の同期やその周辺の人々を一年一話でさかのぼっていく。今夜放送の第七話では2015年のサクラたちが登場する。普通のテレビドラマであれば、少しずつ歳を重ねていく様子が描かれていく、逆バージョンであるわけだ。

 テレビドラマは深夜ドラマやウエブ配信、CS放送も含めて数多の作品が日々放映されている。私はそのすべてを追っているオタクなのだけど、普通の人はそこまで見るわけがない。何かギミックがなければ視聴者は離れていく。今回の内容を聞いたときに、この演出も仕掛けの一環なのかと構えていた。

 それが視聴を始めると、毎週エンディング10分くらい前で泣いている。わりと泣き上戸だけど、それでも1作品で泣くのも珍しい。これは共有したい。グッとくるポイントを伝えたい。そんな気持ちでこの原稿を書き始めた。あなたは最近、泣いたことを覚えていますか?

 まずはこの作品の大テーマである“サクラの真っ直ぐさ”。社長、国家公務員、著名人でも臆することはない。そうやって社内でも一切、忖度をしないで発言を続けていたら、いつの間にか子会社に飛ばされている。このままだと解雇になる可能性もないわけではない。上に逆らえば、蹴られる。これがこの世の企業の現実だ。誰もが裏腹な気持ちに苛まれて仕事をしている。それらに耐えることも仕事のうちだというけれど、果たしてそうなのか。

 そしてマイペースと真っすぐさの間に揺れるサクラ。彼女が正しいのかどうか分からなくなってくる。彼女は、故郷に橋を掛けたいという夢を会社に賭けただけなのに。夢を叶えたいなら、自分を偽れしかないのは物悲しい。

 サクラの気持ちがすごくわかる。私も親の教育が良かったのか悪かったのかは謎だけれど、

「はっきりとモノを言いますよね」

「すごく気持ちよく発言しますね、小林さん」

「はっきりモノを言いすぎるから敵を作りやすいんだよ!」

 そんな風に言われてきた。さすがに40代なので手加減はできるようになったけれど、団体行動が向いていないと気づき、フリーランスの道を選んで『真っ直ぐにモノを言う』ことは、自らの防御策になった。だから泣くのか。