CMばかりか、TT体操の楽曲配信までスタートさせた人気芸人・チョコレートプラネット。絶好調のコンビはおなじみのキャラクター「TT兄弟」の絵本『TT兄弟のきえたTをさがそう!!』(ワニブックス)も上梓し話題を呼ぶ。前編・後編のインタビューでは、コンビ結成秘話から、ひな壇芸人としての葛藤、ネタのフランチャイズ展開(?)にまで話が及んだ。〈後編〉

■氷室京介や和泉元彌はいたけど…

───コントで認められて賞レースで爪痕を残しましたが、ブレイクのきっかけはものまねでしたね。

長田 「ものまねグランプリ」(日本テレビ)に呼ばれた当時はレパートリーも少なくて、自信もあったワケじゃないんですよ。僕は氷室京介さんや、顔が似ているという理由だけで和泉元彌さんもやっていましたが、その時の相方には、今と違って、まだ武器がなかった。
 

松尾)だからデビュー当時にやっていたIKKOさんのものまねを披露したところ、想像以上に手応えだったんです。「あれ、こんなにウケるんだ?」って。

長田)ものまねには思わぬ副産物があってですね。実は僕たちはそれまでひな壇のトークに苦しんでいたんです。コントをやっていない時の僕らは毒舌でもないし、賢くもないし、悪でもない。キャラがないコント芸人があの舞台で活躍するのは至難の技なんです。どんなコメントが帰ってくるかわからない芸人にはMCも振りませんからね。

松尾)僕たちも「こっちに振らないでください!」って顔をするから、もちろんMCも指しません。

───まるで宿題をやってない生徒…。

松尾 でも、IKKOさんのものまねを武器に臨んだ『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)の収録では、「いま、『どんだけ~』って言ったら絶対ウケるな」って感じた瞬間、たぶん、欲しがっていたんでしょうね。MCの「フットボールアワー」後藤さんと目が合った。間髪入れずに来たフリに対して渾身の「どんだけ~」を叫び、狙い通りにドカンとウケた瞬間…あれは気持ちよかったですね。

長田)それまではMCと目が合ったらそらしてましたから(笑)。大きな進歩ですよね。

───そして大ブレイクを果たしました。

長田)ものまねって爆発力がありますよね。僕は、ものまねをしていること自体が大きなコントだと思っているんです。だから「ずっとコントやってたのにいきなりものまねかよ」って笑ってもらえたらなおうれしい。

松尾)同時に、「もっとうまくなりたい!」って思っているものまね芸人になりつつある自分もいるんです(笑)。ものまねってすごいですよね。似てるというだけで笑っちゃうんだから。

長田)僕の和泉元彌さんもそうですけど、デフォルメしているから笑ってしまうのかな。

松尾)IKKOさんに関しては、本人の方が絶対に面白い。番組で共演したらどう考えても勝てない。ナチュラルな人なので展開の読めない面白さがあるんです。でも、僕たちはものまねキャラでMCのお題に答えられるから、重宝されてるのかなって思いますね。

───ものまね、そしてTT兄弟。コント以外にも活躍できる場があるのは楽しそうです。

松尾)おかげさまで飽きないですね。フォーマットが変わっていくので。

長田)良くも悪くも飽き性なんですよ。そしてミーハー。サッカーも代表しか応援しないような人間なんで。だから、コントでもずっと同じネタをやってると、アドリブを入れたりすぐに違うことがしたくなる。相方とはその辺の感覚が似ているのかなって思いますね。

■絵本出版も壮大なコントの1つ

───それにしても絵本を出すとは意外でした。

松尾)これも言ってしまえば壮大なコントのひとつなんです。TT兄弟が売れたら、次はどんな行動をするかって考えたときに、歌を出すし絵本も出すだろうって。

長田)TT兄弟は特に小さい子に受けがいいので、子供に愛される絵本が作れたらいいなって思ったんです。

───迷路、探し絵、クイズを解きながらTを探す道のりが楽しげですよね。子供はもちろんだと思いますが、思わず熱中してしまいました。

長田)Tを隠す位置や、TT兄弟の名前も編集の方と相談して考えたので、そう言ってもらえるとうれしいです。

松尾)一度読み終わっても、エクストラの問題もたくさん用意してあるので、そちらもぜひT(てぃ)のしんでもらいたいですね。

───周りの芸人さんからの反応はありましたか?

長田)絵本を出してからは「お前らなにやってんの?」って芸人に突っ込まれる。それがうれしいんです。おかげさまでTT兄弟は人気ですけど、浮かれることはないですね。どうせいつかは別の流行りが来るでしょうし、だからこそネタをちゃんと作らないとって思っています。いまはTT兄弟を演じているけど、次はなにをしようかなって思っています。

■「あっちむいてほい」のような遊びの発明者に

───前へ前へと進み続けるチョコプラのお2人、ベタではありますが、最後に将来の夢を聞かせてください。

長田)僕はいつか「あっちむいてほい」のような遊びの発明者になりたいんです。最初に誰が作ったかわからないけど、みんなが当然のようにやっている。ある日誰かが調べたら、僕にたどり着く……ロマンがありませんか? あとは、TT兄弟のネタをフランチャイズ化してみんなに販売していきたいですね。どんどん新しいネタを作って日本中に笑いを広めたい。

松尾)僕は『食いしん坊万歳』に出たいですね。隔週でロケに行って、おいしい物を食べておいしいお酒を飲む仕事を中心に人生を送りたいです。

───あ、絵本についてももう一言お願いします

長田)クイズもそうだけど、すぐに答えが見つかる時というのはあります。逆に悩むとなかなか見つからない。人生でもそういうことはある。意外と最初に見つけた答えが正しかったり。苦労したその分、きっと楽しさが待っていると思います。

松尾)小さい子に読んでいただきたいので、図書館や児童館、歯医者の待合室において欲しいですね。ここに載っているTだけじゃなく、自分だけのTを見つけてください。あと絵本の中の迷路はボールペンで書かないでね。鉛筆でお願いします。

チョコレートプラネット(左・長田庄平/右・松尾駿)

【イベント情報】
TT兄弟による初めての絵本 『TT兄弟のきえたTをさがそう!!』の発売記念イベントが、11月24日(日)13時から東京・渋谷『SHIBUYA TSUTAYA』6F BOOK売場特設スペースにて開催。対象商品1冊につき、サイン本1冊・握手・お客様のカメラによる撮影を予定。

詳細は書店特設サイトまで
→https://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/entry-12528277478.html