■皇帝ミイラを利用した領地拡大の戦術と滅亡

 エジプト同様に、インカ帝国でも王たちのミイラは高度な製作技術で作られていた。人々にとって神にも等しい存在の国王は、死者となった後にも生きている時と同じく、そのまま権勢を誇っていた。侵入して来たスペイン人たちはその文化を恐れた。文字が残っていないため、ミイラの背景にある思想的・宗教的背景ははっきりとわかっていない。しかし、「遺体を保存し、生きているように訪問して敬う」という先祖崇拝の一つの在り方として理解することができる。

 

■薬草研究が盛んなインカ ミイラ作りにも応用された

 イロの海岸地帯などで発見される一般ミイラに比べて、やはりインカ帝国の王たちにはエジプト同様高度なミイラ作りの技術が応用されていた。

 しかし文字文化を持たないアンデスでは、それらの記録は全てスペインから来た年代記者などによって記録されたものが手がかりとなっている。

 まず腹を切り裂いて内臓を取り出す。摘出された内臓は香料をまぶし、ファコと呼ばれる葬儀用の入れ物に収納され、クスコ郊外のタンプという寺に納められた。そして植物から採った芳香剤や香水、タロ芋の皮などを腹の中に詰め込んだ。

 また口から腹の中に香料を流し込み、それから特別の発汗室に入れ、太陽熱に当てたり熱風を送り込んで乾燥させたと伝えられる。

 アンデスでは薬草知識が進んでいたので、薬草の様々な効能を利用したと考えられる。特に皮膚を美しく保つ保存技術があったようで、年代記者たちはそれを「まるで生きているよう」と称賛した。

 しかし残念ながら、こうした王族のミイラはひとつとして残っていない。それらは全て侵入して来たスペイン人たちに奪われ、あとかたもなく消滅してしまった。

 スペイン人たちはインカ帝国の独特のミイラ文化を恐れていたためである。なぜならインカの人々にとって、王の存在は神にも等しく絶対的なものであっただけでなく、死後もミイラとなり生きている時と同様の権勢を誇っていたからである。