「中高年になって、“性”の衰えを感じる」」……世の男性の多くが、若い頃とは変わってきた“性”の悩みを持っている。中高年の性の悩みに、80歳を超えてなお元気な医学博士•志賀貢先生が、アドバイス。(『男を強くする! 食事革命』より引用)

■北の刺身料理はイカソーメンにとどめを刺す

 

 イカは、コレステロールを多く含み、睾丸の男性ホルモンのアンドロゲンを作り出すために、きわめて役に立つ食材であることは、すでに説明いたしました。とくに、干したスルメイカは、まるでコレステロールの固まりのように、この成分を多く含んでいるのですが、生のイカにも同じようにたっぷりと含まれています。

 生のスルメイカ100グラムには、約250ミリグラムのコレステロールが含まれています。成人男性の一日に必要なコレステロールの量は、約750ミリグラムですから、生のイカを300グラム食べただけでも、この必要量を満たすことができます。

 300グラムというと、いかにも多い量に聞こえますが、料理に工夫を加えると、そう難しい摂取量ではありません。イカの食べ方には色々な方法があります。よく知られている、イカ刺し、煮つけ、イカ飯、イカの鉄砲焼き、塩辛などは、いつでも食卓に並べることのできる、まさに庶民の味です。

 我々日本人は、このイカとの縁が深く、もっとも好まれる海の幸の一つではないかと思われます。このイカ料理の中で、とくに食欲を誘い、男の精力保持のために役立つ食べ方は、なんといっても刺身です。中でもイカソーメンは、生のイカの味を徹底的に引き出す料理として、極めつけの刺身と言えるかもしれません。