おしゃれな大人の街、代官山。その一等地に建つ、おしゃれでモダンな住宅・オフィス・店舗の複合施設「ヒルサイドテラス」。 

 おしゃれな街を歩くおしゃれなみなさんは、そのすぐ裏手にある、建設途中で鉄骨むき出しのまま数10年の間放置されてきた広大な廃墟の存在を、そして、その所有者をご存知なのでしょうか?

 我がBT編集部が、ことを知ったのは、このツイートがきっかけだった。

 

 これは、不動産業界最大のツイッター集団、業界の裏事情から社会風刺まで、歯に衣着せぬ発言で話題となっている全宅ツイ。彼らが運営するクソ物件オブザイヤーのサイトでのつぶやきだ。

 さて、この案件はどんな話かというと、

 ひと言で言うと、権利関係がややこしい有名な詐欺物件で、世界一の富豪とされた国王の一族が代官山に残した負の遺産なのだ。

 2014年頃から噂となっていたこの廃墟の今は? その真相に迫ってみた。

代官山駅から歩いてすぐ。およそ16億もの価値がある土地にサビまくりの廃墟が放置プレイ!

 代官山といえば、数々の洋服店や雑貨店、カフェ、レストランなどが立ち並ぶも渋谷や新宿のような猥雑感はなくて街並みが閑静というイメージ。オシャレでセレブな雰囲気が漂う都内有数の人気スポットだ。教会や大使館が点在していて、異国情緒にあふれているところも魅力的。

 ところが、かなり風変わりな情緒が異国の人によってもたらされている、正確に言うと〝もたらされっぱなし〟になっていることが世間では意外と知られていない。 

 その風変わりな情緒の産みの親は、ジェフリ・ボルキア氏。ブルネイ・ダルサラーム国(以下、ブルネイ)の国王であるハサナル・ボルキア氏の末弟だ。

 ハサナル・ボルキア氏は首相・国防相・蔵相も兼任して絶大な権力を有し、ブルネイの絶対君主とされる人物。ギネス・ワールド・レコーズに世界一の富豪と記録されたこともある。

 自身の50歳の誕生日に合わせて個人資産で東南アジア最大級の遊園地を建設し、国民に無料でマイケル・ジャクソンのライブを自費開催したというエピソードも残っている。

次のページ 最初の所有者は大富豪