■栄養を吸収できないことには始まらない

 しかしそもそも、あなたの胃腸は栄養をしっかりと吸収して活用できているでしょうか。サプリや体に良い食品の効果を感じられていますか? または太りたいのに太れないタイプではないですか? せっかく摂った栄養がただ体を通過するだけにならないよう、ぜひ練習して欲しいことがあります。それは「深呼吸」。

 息を吸って肺が膨らむと横隔膜はグッと下がり、息を吐くことで横隔膜はグッと上がります。この横隔膜の押したり引いたりの上下運動が、内臓を押したり引いたりしてマッサージをしています。それによって胃腸をはじめ、内臓たちは血流が良くなり元気になり、栄養の吸収や活用も良くなります。ところが、頭や心の使いすぎ、ストレス、猫背などで日頃から呼吸が浅く、横隔膜の上下運動ができていない人が大勢います。私たちは1日に約2万回も呼吸をしますが、呼吸が良い人は1日に最大2万回も内臓マッサージができるけれど、呼吸が悪い人はそれができていないということです。この差は大きいですよ。毎日ニマンですニマン。

 ということで、今回の「今日からできる小さくても確実なこと」は「深呼吸」です。腰に手を当て、その手を押し上げるように深く息を吸ってみてください。腰に空気を送り込むイメージです。実際に腰まで空気が入るわけではないのですが、腰が膨らむのは腹圧が上がっているからで、深い呼吸で横隔膜がしっかり下がり、内臓を押してマッサージができているということです。いざ深く吸おうとしても息が入っていかない! という人も多いですが、何度も練習をしていると横隔膜が柔らかくなり、しっかりと吸えるようになりますよ。少し背中を丸めての練習がやりやすいです。

 

 私が想定外にお肌が綺麗になれたのは、栄養を吸収活用できる元気な内臓だったことは間違いありません。ぜひあなたも深呼吸で内臓マッサージをして、栄養をもれなく吸収活用できるようになってくださいね。また呼吸は自律神経と深く関わり、その自律神経が乱れると更年期障害が強く出るので(詳しくは第8回「更年期を寄せ付けない、若々しく美しい女性でいるコツ」)、ぜひ深呼吸はできるようになってくださいね。

 さておき、ぼちぼち年の瀬が見えてきましたね。大人になるほどに時間が経つのはあっという間で、今の自分の年齢にビックリしますよね。この先の人生を見た時、いつだって今日が一番若くて可能性に溢れています。ぜひ今の自分にできることをがんばりましょう。健康で綺麗になろうと思うのなら今すぐなって、その幸せな時間を1日でも多く楽しみましょうね。そして今日も「若々しく美しく」。