韓国の歴史や社会、経済、さらには歴史認識問題などの書籍をみかけるが、K–POPや映画、テレビドラマで韓流ブ―ムを起こした韓国芸能界を通して見える、韓国社会というテーマで解説を試みたものはそんなに多くはないだろう。
 日本であれ、韓国であれ、いずれの国の芸能界もその社会の縮図であり、特殊性を持っているから、この角度からのアプローチも必要だと思える。
 本稿では、韓流アイドルの育成をテーマにしつつ、日本社会との関係性を紐解いていく。(『韓流アイドルの深い闇』著/金山 勲より

■ドラマから音楽へ

 

 日本を除いたアジア各国でのK–POP人気は、1990年代後半からであった。

 まず、中国語圏で韓流ドラマが人気を呼び、甘い恋愛物語が女性中心に広がり、東南アジア各国でもその国の言語に吹き替えられて浸透していった。

 当時、東南アジア各国では長い内戦も終わり、社会がようやく落ち着きを取り戻し始めた頃だ。経済的にも豊かになり、女性の社会進出も増えていった時代である。

 私も仕事でタイやマレーシアに出張する機会があったが、レストランやホテルのロビーにあるテレビの前に女性たちが集まり、韓流ドラマを熱心に見ている光景を見かけることが多かった。

 私は2000年に、ある番組取材でタイに出張した。その時タイの芸能事務所にいた若いタイ女性事務員の一人が、韓流ドラマの背景が美しいことや、美しい景色の中で展開する恋愛ストーリーのロマンティックな流れのことを興奮して話し、給料を貯めてカラーテレビを手に入れ、韓流ドラマを見たいと目を輝かせていた。

 アジア各国で韓流ドラマに火が付き、そこから韓国歌謡ブームが生まれるが、この時点ではまだK–POPという呼び名は無かったと思う。

 その後、日本でも2003年にテレビドラマ『冬のソナタ』が始まって、韓流ブームが巻き起こると、日本に輸出された韓流ドラマのオリジナルサウンドトラックを歌っている歌手の人気も高まって行った。

 この流れの中で日本で大人気となったのが東方神起だ。

 韓国の最大手芸能事務所の一つSMエンタテインメント社が、日本のエイベックス社と業務提携をして、自社に所属する韓国人アイドルグループの東方神起を日本の市場で売り出した。

『冬のソナタ』の大ヒット以来、大量の韓国ドラマが日本で放映され、それに伴って主題歌と韓国人俳優たちの詳細な情報などが、日本のジャーナリズムを含む幅広いエンターテイメントシーンで広がって行った。

 新聞のラテ欄(ラジオ・テレビの番組表欄)を開くと、NHKをはじめテレビ局は軒並み、朝からさまざまなシチュエーションの韓流ドラマの名前が挙がっていた。

 当時のテレビ局の考えは単純で、「安く買えて視聴率を稼ぐ」おいしいコンテンツだったのだ。

 私のような現場の人間も、韓国物の企画を立てればほぼOKが出た。韓流スターだけではなく、韓国の旅やグルメの取材もあり、頻繁に韓国に渡った。

 どの局も考えることは一緒で、同じ場所に数社の取材陣が殺到し、話し合いで取材の順番を決めることもあった。

 その結果、撮影された映像は各局ほぼ同じで、あまり変わり映えのないものになった。それでも日本から取材陣が押しかけていったものだ。

 日本で韓流ブームが起こったことで、2005年頃から日本をビジネスチャンスとする韓国人アイドルグループが急速に増えていった。

 アメリカやヨーロッパなどにもK–POPは輸出され、中でもPSYが始めた「江
南スタイル」と呼ばれる新感覚のパフォーマンスが世界的に大ヒットした。

 シンセサイザーとシーケンサーを使って、踊らせることを目的に造られたEDMと呼ばれる先進的な音楽性を取り入れつつ、乗馬ダンスと称する独特のダンスをウェブサイトで押し出し、社会的なブームになった。

 アジア発の楽曲が、アメリカのビルボード・ホット100で2位以内にランクインしたのは、坂本九の『上を向いて歩こう』以来で、史上2番目の快挙となったのだ