【はじめての解体】

 皆さんこんにちは! 茨城県でヨガのインストラクターの傍ら、新米猟師をしているNozomiです!

 

 さて、前回は、初めて獲物を捕った日の事、そして命のやりとりについて綴らせて頂きましたね。今回は、私の初めての解体、そして何故私が自ら進んで解体を行うのか、その理由や想いについて綴らせて頂きます。私の拙い文章を通して少しでも“狩猟”に興味のある方、すでに“狩猟”に携わっている方、そして何より“いのち”と向き合っている方のお役に立てれば幸いです。

 初めて獲物を捕ったあの日、私たちはやっとの思いで80キロ近くのイノシシを山から運び出し、そしておばぁちゃんの家に運びました。立派な解体施設なんて私達にはありません。おばぁちゃん家の庭先を借りて解体することにしました。今現在、私にはとても優しく頼りになるお師匠が居ますが、当時はまだ出会っていません。私はインターネットで買った2000円のナイフを一本握りしめて解体に挑みました。私の手は震えていました。YouTubeや本で勉強していたつもりでしたが、実際に何時間か前までには確かに生きて、ひとつの命だったものです。この手でナイフを入れる事にはとても罪悪感や抵抗がありました。自分で行動しておいて……、と言われるかもしれません。でも、ごめんね、という気持ちもありました。はじめての獲物を前にした私には葛藤、そしていろいろな感情が沸いていました。

 仲間の中で体格が一回り小さく力も弱い私は、フィールド、特に止め差しや運び出しの時、足手まといになり、あまり役に立ちません。私は、役に立てないことを嘆くよりも、私にできるコトを探していきたい。そして、なによりも、これ(解体)ができなければ、目の前のこの命を無駄にしてしまいます。

 

 覚悟を決めて、私は獲物にナイフを入れました。

内臓を最初に取り出すため、一般的にはまず仰向けにしてお腹に刃を入れていきますが、人によってやり方が異なります。