高校3年間を吹奏楽にささげた少女たち。高い目標に向かって、ときにはぶつかり合い、支え合い、そして成し遂げたこと。これからの人生の支えとして、記憶に刻まれた日々と生み出されたコトバを、ストーリーとともに紹介。(『吹奏楽部アナザーストーリー 上巻』(KKベストセラーズ)より引用)

―精華女子高等学校のコトバ
青春の終わりに心からあふれるコトバ
3年間やり遂げた達成感

 

精華女子高等学校吹奏楽部
【写真左上から時計まわりに】髙木美雨さん(3年・トランペット)、生野みさとさん(3年・チューバ)、木部冬羽さん(3年・テナーサックス)、橋村桃子さん(3年・パーカッション)
[2019年3月取材]

 

■青春の終わりに心から言える「ここに来てよかった!」

 2018年度の精華のマーチングチームは順調に九州大会を抜け、11月18日の全日本マーチングコンテストに駒を進めた。

 ところが、全国大会を前にして、またもや部内でトラブルが勃発した。その中心にいたのは、トランペットの「ミユ」こと髙木美雨だった。
 実は、全国大会を控え、マーチングリーダー・テナーサックス担当の「フユウ」こと木部冬羽ともうひとりのマーチングリーダーはさらにショーのクオリティを上げるため、オーディションを行うことに決めた。各パートからひとりずつ選び、最初から最後まで演奏・演技を行う、という内容だ。こうすればきちんとできていない箇所がはっきりするが、やる側には大きなプレッシャーがかかる。

「これ、本当にやったほうがいいんかな?」

 フユウたちは悩んだが、決行することにした。
 結果的には狙いどおりに問題点があぶり出されたが、そのせいでメンバーのテンションが下がってしまった。さらに、各パートで話し合いをしている最中、トランペットパートで争いが起こった。

 ミユは、同じパートのメンバーに少し手を抜くような態度が見えたのが我慢ならなかった。

「これから全国大会に行くメンバーが、そんなんでいいと!?」

 思わずミユは声を荒らげたが、相手は聞く耳を持とうとしなかった。

「なんで無視するとよ!」

 トランペットパートの険悪な雰囲気は全体に暗い影を落とした。マーチングリーダーのフユウはハラハラしていたし、「どうしたらいいんやろ……」と思った。しかし、ミユが言っていることは正しかった。

「ここからやな。これをプラスに変えるように持っていこ」

 フユウはそう思った。

 
次のページ もうひとつショックなことが起こった。