【初めて獲物を捕った日の事。命のやりとり】

 

 皆さんこんにちは!茨城県でヨガのインストラクターの傍ら、新米猟師をしているNozomiです!

 さて、前回は罠の種類や作り方について掘り下げてお伝えさせて頂きましたね。今回は、私が初めて獲物を捕った日の事を、少しづつ思い起こしながら綴らせて頂こうと思います。私の拙い文章を通して少しでも“狩猟”に興味のある方、すでに“狩猟”に携わっている方、そして何より“いのち”と向き合っている方のお役に立てれば幸いです。

 その日は突然にやってきました。霜の降りるようなとても寒い日の事です。猟期が始まり、罠を仕掛けて数十日。当初は緊張感を持っていた見回りも、全く箸にも棒にも掛からない日々が続き、諦めかけていた矢先でした。やれやれ、どうせ居ないに決まっている、罠の誤作動のチェックをして帰ろう、そんな気持ちでポイントを遠くから見たときに全身に緊張が走りました。山の様子が、おかしい。なにかがいつもと違う。私たちは注意深く、そしてゆっくりと、ポイントに近づいていきました。

 

『・・・・・!!』

 

そこには80キロ台のイノシシが山の斜面の木々の間に横たわっていました。

罠にかかったイノシシ

 

 とてもびっくりしました。

(余談ですが、本当にびっくりした時って、声でないもんなんですね…!)

 でも、おかしい。動かない。寝ているのか。その辺にある木の棒を投げつけてみました。やはり、動かない。

『…死んでいるの?』

 私の問いかけに仲間が近づいて確認しました。獲物はすでに冷たく、絶命しているようでした。

 

『…何故、死んでいるんだろう?』

 

 罠にかかったイノシシは通常、1週間近く、長くて10日ほど生きています。死んでいることはまず無い、だから心してかかれ、と聞かされていました。しかし、私たちの罠にかかったイノシシは急斜面の罠にかかった為、一気にバランスを崩し横転、体力を消耗し、1日で息絶えてしまったのだろう、と後に師匠が教えてくれました。この時の私たちはそれを知るすべもなかったので、止め差し(とどめを刺す事)をしなくて良い安堵感と、何故死んでしまっているのかわからない得体のしれない“死”への恐怖に、なんとも言えない気持ちになりました。獲物はバランスが取れないながらも、もがき苦しみ、あがらい、そして力尽きたのでしょう。現場は台風が来た後のようになっていました。長いまつ毛、深く閉ざした瞳。私には絶命しているようには見えませんでした。私たちは正直戸惑っていました。私は、はじめて、直接的に生き物の“生き死に”に自ら手を下したのです。もちろん、「初めて、しかも、ようやく獲物を取ってやったぞ!」という努力が報われたことへの達成感や高揚感などがなかったと言えばウソになります。でも“それ”は、あまりにも静かにそこに在ったので、そこだけ世界が違ったように見えました。80キロという獲物の大きさもあったのかもしれませんが、私たちは自分たちが経験したことのない命の現場のその重さに圧倒されてしまっていたのでした。

『ここで見ていてもしょうがない。引き出そう』

 仲間の誰かがそう、言葉を発して、ようやく私は我に返りました。急斜面の山の中から獲物を引きずり出す作業は思っていたよりも大変で、腕や腰がもげそうになりました。吐く息が白くなるような寒さの中で全員汗だくです。3人の仲間の中で私だけ、体格が一回り以上小さかったので、獲物の運び出しの時はむしろ足手まといになってしまいました。ムゥゥゥウン…。私は、悔しい気持ちを紛らわすように獲物から離れ、皆の荷物を持ち、サポートに回りました。今日は長い一日になりそうだ。私は、そう、覚悟を決めて獲物を荷台に積んだ軽トラに乗り込みました。