約3000年という長きに渡り続けられてきた、古代エジプトのミイラ作り。時代により作成法に多少の違いはあるものの、人々はどんな考えに支えられ、そうした埋葬儀式を続けてきたのか。その理由や目的を探りたい。(『教養としてのミイラ図鑑―世界一奇妙な「永遠の命」』(KKベストセラーズ)より)

死者の国があると信じた古代エジプト人

クフ王の墓として知られるギザの大ピラミッド。国王(ファラオ)は、巨大な墓を建て、死者の国でも王であり続けようとしたのだろう。

■ミイラはなぜ作られたのか? その目的とは!?

 古代エジプトにおいて、ミイラ作りがなぜかくも盛んに行われていたのか。それを知る手がかりが、『死者の書』と呼ばれるものの存在だ。そこからは、古代エジプト人たちの興味深い死生観が見えてくる。

 

■『死者の書』が教えてくれる古代エジプト人の死生観

 ミイラ作りは古代エジプトにおいて、紀元前1500年頃から同1000年頃にかけてピークを迎えるが、そうした埋葬習慣がなぜ行われたかを知る手がかりとして重要なのが、『死者の書』と呼ばれるものだ。

 しかし書とは言ってもこの時代に現在のような紙はない。

 当時の死生観や風習を記しるすには、もっぱらパピルス紙が使われた。

 これはナイル湖畔の湿地に生育していた植物で、細長い茎の部分を編み合わせて作られている。それを叩いて平面的な巻き紙にしたものだ。

 そしてそこに書かれているのは、200以上の呪文である。呪文の内容は、死者の祈りや訴えと、来世での困難な旅を助けてくれるよう願ったもの。

 そこから当時のエジプト人たちが考えていた死生観が見えてくるし、なぜそんなにも熱心にミイラ作りを行っていたかも理解できてくる。そしてさらに、なぜ古代エジプト人たちは埋葬の際に『死者の書』を記すようになったのか。それを知る手がかりがオシリス神話である。

 オシリス神話は、古代エジプト神話の中で最も知られ、国王たちが自らの神話化のためにも、しばしば利用してきたものだ。

地球上様々な場所に残るミイラだが、ミイラ作りが盛んな場所に共通するのは砂漠があるような乾燥気候地帯だ。