現在、吹奏楽に励む日本の中学生や高校生の演奏技術は欧米のどの国よりも高い、といわれるほどのレベルに達している。もちろん、それを成しているのは、日々の厳しい練習と努力によるもの。そうした努力と練習をともに乗り越えてきた部員たちとの日々は、かけがえのない青春の思い出として、部員たちの心に刻まれていく。本稿では、吹奏楽部員たちのリアルな物語を心に残るコトバたちとともに描く。(『吹奏楽部アナザーストーリー 下巻」(KKベストセラーズ)より引用)

演奏の極意は「謙虚たれ」

 

大阪府立淀川工科高等学校吹奏楽部
菅原知夏(すがはら ちか)さん(3年・ホルン)
[2018年7月取材]

「大変じゃない練習は、練習じゃない」と部活に没頭

 2018年に100回を迎える全国高校野球選手権大会、いわゆる「夏の甲子園」を記念して、7月21日に大阪市中央公会堂で「感謝祭〜ありがとう 夏100回 これからも〜」が開かれた。イベントのオープニングに登場した淀川工科高校(淀工)吹奏楽部は、顧問の丸谷明夫先生の指揮で、甲子園の開会式でも演奏されるファンファーレや大会行進曲、大会歌《栄冠は君に輝く》などを演奏した。

《栄冠は君に輝く》では、4人の部員がステージの前に立ち、演奏に合わせて歌った。

 その中のひとりが3年生の菅原知夏だった。部内で「スガ」と呼ばれ、普段はホルンを吹いている。丸谷先生は「おもろくて、反応のいい子や。歌も踊りもめっちゃうまい」と一目置いている。

 高校生活最後の夏を迎えたスガが、吹奏楽に取り組む上でもっとも大切にしているのが、丸谷先生が練習中に時折口にする「謙虚たれ」というコトバだ。

 スガが吹奏楽を始めたのは中学校に入学してからだった。担当した楽器はユーフォニアム。その中学校はマーチングにも取り組んでいたが、特に強豪校というわけではなかった。 

 高校進学では「普通科高校よりも、スキルが身につけられる工業高校や商業高校で勉強したい」と思い、淀工を選んだ。もちろん、そこに全国屈指の吹奏楽部があることは知っていた。サマーコンサートを観にいったときには、体を押されるような迫力あるサウンドに圧倒された。マーチングの演奏演技を目にしたときは、冒頭の《「リンカンシャーの花束」より》(グレインジャー)の部分だけで、「やっぱり淀工はいいな!」と感動した。

 ただ、淀工に入った当初、スガは吹奏楽部に入部するつもりはなかった。部活よりも勉強を重視していたからだ。強豪の吹奏楽部で活動すると勉強ができないのではないかと心配していた。

「せっかく淀工に入ったんやし、吹奏楽続けたら?」

 母にそう言われ、迷った末、「う〜ん、ほな続けよか……」と入部を決めたのだった。

 部員として活動を始めてみると、やはり練習はハードだった。しかし、スガはこう思っていた。

「大変じゃない練習は、練習じゃない」

 時間をかけ、苦労して練習することに意味がある。大変だからこそ、身につく。体にしみついたものが、本番で自然と出る。

 吹奏楽をやるなら「大変な練習」をしようとスガは心に決めた。

 高校では楽器をホルンに替えた。中学時代にユーフォニアムの演奏に伸び悩みを感じていたのと、淀工の同学年にユーフォニアム希望者が多かったからだ。「それやったら、高校では冒険しよか」とホルンの担当を志願した。

 ホルンはユーフォニアムよりマウスピースが小さくて音を出すのが難しい。音をはずしやすく、はずすと目立つ。スガはその難しさを「楽しい」と感じた。教本などを使いながら、徹底した基礎練習でホルンの技術を身につけていった。

 一方、勉強も、休み時間や部活の休憩時間に教科書を読んだり、復習をしたり、短い時間に「圧縮」してやるようにした。