【父に胃ろうを造るべきか。胸がキリキリ傷んだ、たったひとりの決断。】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

父に胃ろうを造るべきか。胸がキリキリ傷んだ、たったひとりの決断。

【隔週木曜日更新】連載「母への詫び状」第四十回

■延命治療をすべきか、どうか。

連載「母への詫び状」第四十回〉

 

 父が脳出血によって意識のない状態になり、家族として延命治療の選択に直面した。

 延命治療にも様々あるだろうが、まず医師に質問されたのは「もし心肺が停止したら、蘇生措置を行うかどうか」だった。

 ぼくひとりで決めていい事柄ではないと自覚しつつ、さすがにこの蘇生措置は不要だと思った。たとえ父が今、死んだら、入院中の母が葬式に参列できないという不都合があるとはいえ、それを理由に意識のない父の蘇生をお願いしたいとは思わない。

 そもそも父がベッドの上で人工呼吸器をつけられ、生かしてもらえている状態がすでに延命治療だろう。この現状を積極的に止めて欲しいという気持ちはないが、今後の心肺停止に抗うつもりはない。

 家族の意見をまとめておいて欲しいと言われたので、母や兄弟にも相談した。

次のページ一番大事な人の意見は…

KEYWORDS:

オススメ記事

夕暮 二郎

ゆうぐれ じろう

昭和37年生まれ。花火で有名な新潟県長岡市に育つ。フリーの編集者兼ライターとして活動し、両親の病気を受けて帰郷。6年間の介護生活を経験する。



ツイッター https://twitter.com/yugure1962


この著者の記事一覧