■簡単にできる骨盤を柔らかくするストレッチ

 そして今回の提案は、前回コラムでお伝えした、“地味だけれど大事な土台づくり”である「毎日、骨盤を柔らかく保つ方法です。これは私たち女子には絶対に外せない超重要事項です。

 困ったことに、運動不足や生活習慣、ストレスなどにより、骨盤がカチカチな女子だらけなのです。それが生理痛、PMS、肌あれ、冷え、腰痛、肩こり、歪みなど様々な不調の原因となるほか、骨盤の柔軟性は子宮や卵巣、女性ホルモンにダイレクトに影響が出るため、女子である以上、柔らかい骨盤は死守すべきものです。

 骨盤は3つのリズムに合わせて開閉を繰り返しています。1つめは春夏秋冬という大きな流れのリズムで、ちょうど今頃、春になると骨盤は開いてきます。2つめは生理周期という約1ヶ月単位のリズムで、排卵時に一番閉じ、そこから徐々に開き、生理時に一番開きます。3つめは毎日の1日単位のリズムで、朝が来ると閉じ、夜が来ると開きます。

 ところがカチカチ骨盤なため、このリズムに合わせた開閉がうまくできずに、様々な不調が出たり、女性機能の低下や、老化が進んでいる女子が実に多いのです。若々しく美しくどころではありません。大問題です。

 さらにホルモン分泌をはじめ、内臓の働き、血流、血圧、体温など、つまり体の大部分の機能は自律神経が司っているのですが、この自律神経の働きが骨盤の開閉と直結しているのです。これはものすごく重要なことで、骨盤の開閉がうまくできないことは自律神経を崩し、体そのものの機能を落とし、病気と老化を近づけています。

 骨盤の柔軟性がどれほど大事かを、おわかり頂けたでしょうか。

 では早速、「毎日、骨盤を柔らかく保つ」方法です。私のレッスンでは生理周期に合わせた3種の骨盤リセットを指導しているのですが、ここでは「まずはとにかく骨盤を柔らかくするリセット」をお伝えします。お手軽な上に、歪みの解消にも効果が高く、お腹の内側から温かくなってきます。女性機能もUPするので、ぜひやってみてください。

 

 やり方は、腰を右回し10回、左回し10回、大きく回すだけです。コツは、脚を骨盤幅に開き、浮き輪をしているイメージをして、その浮き輪の「内側のへり」をなでるように大きく回します。ゆっくりじっくり丁寧に、大きく回します。慣れてきたら、自分の中心軸をイメージし、肩や上半身をできるだけ動かさないよう腰だけを回します。初めは鏡を見ながらやるとやりやすいです。

 

 続けていくと1ヶ月ほどで、びっくりするくらいセクシーに、滑らかに柔らかく回せるようになります。間違いなく男性の目は釘づけになります。ぜひお試しください。

 この骨盤リセットを、例えばお手洗いに行く度にやってみてください。特に生理前や、ストレスが溜まっている時は念入りに。小さくても確実なことを日々に溶け込ませ、自分そのものを変えていきましょう。お風呂上がりの寝る前にやるのも非常にオススメです。

 ともあれ、何歳になっても妻であろうが母であろうが、まだまだ無限に幸せを得ていいし、綺麗にもなっていいし、それを阻まれる義理なんてありゃしません。もっと幸せになろう、もっと綺麗になろうと思った人だけが、もっと幸せに、もっと綺麗になれるというものです。足るを知る、という先人の素晴らしい言葉もありますが、それはそれ。遠慮なく今日も明日も「若々しく美しく」。