■30年間、毎月10万円欠かさず貯金した。そして引き出さなかった。

 私自身が昭和26年から昭和56年まで、毎月5万円からはじめて、10万円平均、欠かさず貯金してきたからだ。

 30年間、一度も、その貯金を引きださなかった。その貯金通帳の30年後の残高が、1億2400万円になっていたのだ。

 

 住友銀行新橋支店で、私は30年間、毎月10万円ずつ預金をつづけてきた。銀行にたずねてみたのだが、そんな形で辛抱強く預金をつづけてきた者は、私以外にはひとりもいないということだった。

 若いサラリーマン諸君に「君、1億円ほしくないか」とたずねたら、10人が10人、「ほしい」と答える。

「簡単にできるよ」というと「宝クジでも買うのですか」ときき返す。宝クジでは絶対に1億円を握ることはできない。

「最初の10年間は毎月5万円ずつ貯め、次の10年間は毎月10万円ずつ貯め、最後の10年間は毎月15万円ずつ貯めなさい」

 私は1億円の金がほしい、という若い人に出会うと、そう教えてあげることにしている。私がやってきたとおりをアドバイスしている。これだと、30年間、毎月平均10万円ずつ貯めるのと同じことになるからだ。

 若いサラリーマンが、毎月5万円貯めるというのは苦しいことにはちがいない。

 しかし、苦しくても、歯をくいしばってやれば、不可能ではない。毎月10万円のコースに入ると、年齢は32、3歳、月給も少しは上がっている。最後の15万円は、それほど苦しくないはずだ。

 30年後の1億2400万円のうち、元本は3600万円である。残りの8800万円は銀行が払ってくれる利息である。

 私は、1億2400万円をみせびらかしたくて、こんなことをいっているのではない。時間をかければ大きな仕事ができる、ということがいいたいだけである。

 読者の中には、1億円なんか、オレには縁がない、と思っている人が多いはずだ。ところが、じつは、時間をかければ、簡単にその1億円が自分のものにできるのである。

次のページ 大富豪への道は欲望との戦いだ