「日本マクドナルド」創業者の藤田田氏は昭和26年から昭和56年まで、毎月5万円からはじめて、10万円平均欠かさず貯金した。30年間一度もその貯金を引きだすことはなかった。そして貯金通帳の残高は30年後、1億2400万円になっていた。もちろん当時と今とでは、銀行の金利も違う。でも、氏のエピソードは、お金持ちになるのに大事な克己心を教えてくれる。著作『ビジネス脳のつくりかた』より紹介する。

■質問:毎月10万円を30年間貯めるといくら?

 私はこれまでに、銀行の偉い人から大学をでて2、3年の外交員まで、何百人もの人に、毎月10万円ずつ貯金をしたら30年でいくらになるか、とたずねてきた。しかし、だれひとり、正確には答えられなかった。

 ある一流銀行の頭取さんは、

 

「それは藤田さん、1年に120万円だから20年で元本は3600万円になるから、倍の7200万円ぐらいでしょう」

 とおっしゃった。ペケである。

 正解を言え、といっても、質問自体にも問題がある。利息は変動するもので、30年間同一利息ということはありえない。利息もうごくし税金も動く。現在、源泉分離課税は20パーセントだが、10パーセントのときもあれば、25パーセントだったこともある。そういったことを厳密に計算していかないと答えはだせない。

 そこで、いろいろな答えが返ってくる。

 5000万円だ、という人もいれば、6000万円、という人もいた。7000万円という人もいたし、8000万円だろう、という人もいた。

 プロフェッショナルな銀行員にして、このありさまである。5年後、10年後の答えは即答できても、30年後はだれひとり答えられなかった。30年という長いサイクルで、ものを見たり、考えたりはしていないのである。

 正解は1億2400万円である。なぜ、私に正解がだせるのか。

次のページ 30年間、毎月10万円欠かさず貯金した。そして引き出さなかった。