「意思疎通が完璧にできるプロデューサー」SKY BEATZ

――疾走感溢れるサウンドですが、SKY BEATZのトラックはいかに制作したのでしょうか?

EXILE SHOKICHI これまでもSKY BEATZとは何曲も一緒に作ってきましたし、意思疎通が完璧にできるプロデューサーのひとりだと思っています。今回もNYにいるSKY BEATZとSkypeをつないで、最初にキーワードとして「ロックンロールをJ-POPで表現したい」と伝えてイメージを共有しました。ゴスペルのような昔のブラック・ミュージックの要素も入れつつ、とにかくジャンルをごちゃ混ぜにしてハイブリッドな音楽を作っていったイメージ。上がってきたトラックを聴いた瞬間、ネオJ-POPが作れたと感じました。

――ギターのフレーズやうねるベースラインが印象的なトラックですが、パフォーマー目線ではこのサウンドをどう捉えましたか?

EXILE AKIRA EXILE、EXILE THE SECOND、EXILE TRIBEとして作ってきた楽曲の中でも、ここまでロックンロールな曲で踊ったことがなかったので、今までに感じたことがないヴァイブスを感じながらパフォーマンスできる曲だなと思いました。テーマ性のある新しい試みであると同時に、凄くライヴをイメージしやすいサウンドでした。

――レコーディングの際に意識したこと、新たな挑戦になったことがあれば教えてください。

EXILE SHOKICHI 例えば1行目の〈ヤバイ派手めに鳴らすシグナル〉というところはダミ声っぽく歌ってみたり、全体的にあえて前のめりで歌ったり、僕の中でのロックンロール感を表現したのは挑戦でした。

EXILE NESMITH 今回はロックンロールで跳ねているような部分も多かったので、そのビートを感じながらレコーディングしました。Aメロは少しルーズな雰囲気で歌ったり、サビでは攻撃的に跳ねた感じを出してみたり、そういったコントラストは意識しました。

 

――パフォーマンスについては、どのようなイメージをしていますか?

EXILE TETSUYA 今回もShaun Evaristo(ショーン・エバリスト)さんの振りつけです。彼は7人目のEXILE THE SECONDメンバーと言っても過言ではないほど意思疎通がとれるコリオグラファーで、僕らのパフォーマンスも熟知してくれていると感じています。今までの作品はShaun Evaristo(ショーン・エバリスト)さんらしい振りつけだったんですけど、今回は凄くチャレンジしてくれたというか、彼の中でも新しいものを生み出そうという意識が感じられました。ジャンルを超えたかっこいい振りを作ってくれたので、それをべースにみんなでステージをイメージしながら仕上げていきました。

黒木啓司 ツアー中もアイディアをもらったりしている関係値なので、僕らの良さを知ってくれているSHAUNは本当に心強い存在ですね。今回はアメリカ人から見た「Route 66」の捉え方や、僕らEXILE THE SECONDやLDHの意味合いも加味してくれた振りつけになっていると思います。特にこの曲の振りは、SHAUNにしか作れなかったと思いますね。

次のページ 撮影自体が完全にライヴ。アクロバティックなPVも見逃すな!