【SNEAKER JACK DAILY #426】

PUMA × spoken words project
PUMA BASKET FOR SWP

 

【プーマの新作スニーカーをもっと見る】

 

砂のざらつき、そしてモノクロの世界をこの一足に!

 プーマより、デザイナー飛田正浩氏が手がけるファッションブランド「spoken words project」とのコラボレーション第3弾のリリースが発表された。アートとファッションの領域に挑み続けてきたブランドと、プーマの伝統が融合した新たなスタイルが今年も提案されている。
 今回のテーマはずばり、“ewohaku(絵を履く)”。芸術は額縁に入れて鑑賞することがすべてではなく、「履いて」ストリートに飛び出すことができる自由なものであるーーそんな概念を表現した今季は、時代性やそのときの気分でプリントするライブ感や躍動感をプロダクトで表現する試みがなされている。
 ベースに選ばれたのは、本コラボでは初となる〈PUMA BASKET〉で、これまでのスウェードアッパーとは異なる風合いが楽しめるのが特徴。アッパーはspoken words projectの2017年春夏テーマでもある、安部公房の小説『砂の女』をモチーフとするグラフィックがプリントされており、スムースレザーにプリントすることで生まれるノイズが「砂の女」のざらついた感覚を再現。カラーも砂からインスパイされたサンドベージュで、モノクロで色のない世界観を表現している。また今回は、東京・亀戸のスタジオで、一枚一枚手作業でプリントされたスムースレザーを使ったことで、すべてが異なる表情を持つ、世界にひとつだけのモデルを実現しているのも注目だ。
 本作は、4月28日(金)より、プーマ取り扱いの限定店舗とプーマストアにて発売される。

 

DATA
【BRAND】PUMA × spoken words project/プーマ×スポークン ワード プロジェクト
【ITEM】PUMA BASKET FOR SWP/プーマ バスケット フォー スポークン ワード プロジェクト
【PRICE】25,000円+税

 

<商品のお問い合わせ先>
プーマ お客様サービス ☎0120−125−150