「おっぱっぴー」で一世を風靡したお笑い芸人の小島よしお。最近、TVでの露出はちょっぴり少なくなったが、ひな壇に座っていた頃とはまた違う充実感を味わっているという。現在の活躍の舞台は、子供のいる場所だった。

■「100公園が目標」

「いまの目標は100公園」と語る小島さん。“公演”ではなく、“公園”。いったいどういうことか。

 

 最近、小島さんは都内近郊の公園に出没し、絵本の読み聞かせを精力的に行っている。そして現在39公園を制覇。今年中に100を達成したいという。

 公園に行く理由は、そこがお客さんがいる“劇場”だから。いま、小島さんの太いお客さんは子供たち。この読み聞かせを始めたのは最近だが、8年ほど前から子供向けのライブを始め地道な営業活動を続けていた。

「(ライブをやると)結局人集めとか告知とか大変だなと思って、『じゃあ最初からお客さんがいる場所に行っちゃおう』と、公園に行ってみたんです。そしたらここはちゃんとキャパがある野外型劇場だなと気づいて(笑)」

 この、ゲリラ読み聞かせは、自身のSNSで予告する。

「ツイッターやインスタで『明日行きます!』みたいな感じで告知します。あと、当日にスケジュールや天気を確認して『2時間後やります!』と決めることもありますね」

 ただ、人集めということでは、野外ならではの誤算もあったようで…

「1度、1年で1番寒い日に行ってしまって、公園に誰も人がいなかったことがありました。ジョギングで通りかかったおじさんにも『いつもは人がいるんだけどなあ…今日は寒すぎるよ』と言われてしまって。結局、そのときはツイッターを見てくれた高校生が3人ぐらい来てなんとか助けられました」

 思わず、極寒の中海パンスタイルで立ちすくむ小島さんを想像したが、「いや、それだと警察がきちゃうので(笑)、普通に服を着ています」と聞いてひと安心。

次のページ 目の前の人を喜ばせる