昨年の8月に著者であり漫画家であり、かつEQWEL現役講師のさとるみ先生に、「ぜひEQWELの幼児教育メソッドをコミックエッセイ本にできませんか」というご相談を弊社編集担当者からさせていただきました。

 女子水泳界のスターとしての実力・魅力はもちろん、取材時に拝見される皆から愛されるという人間力を持ち合わせた池江璃花子選手が、EQWELの教育メソッドのなかで育ったということ。また璃花子選手のお母さまである美由紀先生が、EQWEL教室のオーナーであり素晴らしい講師であるということもお聞きしておりました。

 EQWELさまに正式に書籍刊行の許可をいただいたのが昨年の9月。著者さとるみ先生とすぐに池江美由紀先生の取材を9月、10月とさせていただき、ご講演にも参加させていただいて、「真に生きる力を育てる」子育ての極意をご教授いただくことができました。また、美由紀先生のひとりの教育者としての姿にも感銘を受けました。

 美由紀先生のお話は、全国のお母さまたちに、迷いなく自信をもって子育てできる知恵やヒントが詰まっているとすぐに確信することができたのです。そして私たちは今回コミックエッセイという書籍の形で読者の皆さまにお届けしたいと思いました。

 その後、EQWELさま、さとるみ先生と丁寧に編集を進めて参りました。校了を迎えたのが本年2月10日でした。その後に、池江璃花子選手のご病気の発表がありましたが、ご様子をお見守りしながらも、この素晴らしい良書をしっかりと作り上げ、読者にお届けすることが出版社の使命と考えておりました。

 しかし、ご病気発表後の出版ということもあり、池江美由紀先生やEQWELさまのほうでは出版のタイミングについては出版見合わせの申し入れもございました。が、今まさに子育てに自信を失っているママたち、あるいは璃花子選手のようなアスリートになりたいと願うお子さまたちにとって、必ずや勇気と自信を与えられる本の出版になると、弊社は出版を決意しました。

 また、今回子育て本ではありますがご本の出版がきっかけで、池江璃花子選手のご病気に対する正しい認識や、全国の白血病患者さまへの理解と応援にまでつながるきっかけになれば、出版社としての出版の意図は大変意義のあるものと考えます。

 そして大変僭越ながら、白血病患者さまの少しでも助けになればとの思いから、本書の売上げの10%を「日本骨髄バンク」さまに寄付をさせていただきます。

 池江璃花子選手には、ぜひとも焦らずに治療に専念していただき、必ずや元気な姿で私たちの前に戻ってきてくれることを私たちは信じて疑いません。ご快復を心よりお祈りいたしております。

KKベストセラ―ズ
代表取締役社長  塚原浩和