女性の永遠のテーマである「若々しさ、美しさ」を、流行に翻弄されずに確実に自分のものにするにはどうしたら良いのでしょうか? この連載では、本質的に健やかで美しい女性であるための方法を、パーソナルトレーナーの三雅さんが、妙齢女子の体と心の在り方から見つめていきます。大好物のコラーゲンや女性ホルモンとの付き合い方などに触れながら、華麗に加齢に抵抗する術を授けます。

■前回の復習「身体を温める」

 お正月が来たと思っていたらもう3月ですね。いかがお過ごしでしょうか。私はこの時間の速さに、そりゃ歳を取るわけだ、と感ぜずにはいられません。みなさんはどうですか?

 子供の頃は“21才になったら結婚して子供を二人産んで、30代は確実におばさんで、40代なんて終わってる”と本当に思っていたし、ましてや50代やそれ以上は意味不明の生き物でした。だけれど20代になり、人は何歳になってもピュアに恋をすることを知って心底驚いたし、実際にいま自分が40代になって、終わっているどころか、おばさんて言ったらぶっ飛ばすぞみたいな、かなり自由で元気なありさまです。数値上の歳は取れど、いまどき女子の年齢なんてどうでもよいことの極みそのもの。

 とはいえ、何もしなければ女子の体や心のテンションは下がる一方で、そこはいかに「楽しく余裕の顔して抗っていくかが大人の腕の見せどころです。

 決意するような頑張りを増やすよりも、小さくても確実なことを日常に溶け込ませ、日々の自分そのものを変えていく。美しさは単純な造形美ではなく日々の在り方であり、それがその人を美しくするものです。そして余裕感のあるカッコイイ大人をやりませんか。

 

 毎回のコラムで「今日からできる小さくても確実なこと」を1つずつ提案していきます。それらをぜひ日々に溶け込ませていってください。前回コラムでは「お湯にゆっくり浸かること」を提案しました。           

 残念なことに、冷えている人が多すぎるのです。生理痛があるのに痩せたい、美肌になりたいなんて言語道断だし、疲れが溜まっているのに「若々しく美しく」を望むのも難しい。美女を美女たらしめる女性ホルモンも、“若々しく美しく”の要である成長ホルモンも、それらは全て血流により運ばれています。その良好な運搬がなければ、しかるべきところで効果を発揮できません。これらのホルモンをたくさん出せる人になることは大事で、今後その方法もお伝えしていきますが、その前に「運搬の良い流れ」を作っておくことが、もっと大事なのです。

 そのためにも、お湯にゆっくり浸かることをしてみてください。体と心にかかった力が解放されるだけでなく、運搬の良い流れを作り、ホルモンたちはしかるべきところに運ばれ元気に働きます。入浴で上昇した体温がぐーっと下降していく時に、私たちはより深い睡眠に引き込まれ、成長ホルモンの大放出も始まります。いつでも温かい人になってください。温かい人に「若々しく美しく」の魔法はかかるのです。

次のページ 簡単にできる骨盤を柔らかくするストレッチ