武田信玄に惨敗した徳川家康

 徳川家康は三河を平定して後に遠江(静岡県)に領地を広げ、元亀元年(1570年)の「姉川(あねがわ)の戦い」では浅井・朝倉家の連合軍に勝利を収めた一方で、元亀3年(1572年)に起きた「三方ヶ原の戦い」では甲斐(山梨県)・信濃(長野県)を領する武田信玄に惨敗を喫しました。
 この戦に前後して、武田家は、二俣(ふたまた)城や野田城など徳川家の諸城を瞬(またた)く間に落としていっています。その中で柿本城や井伊谷(いいのや)城、伊平(いだいら)城などを落城させる目覚ましい活躍をしていたのが山県昌景でした。
 これらの合戦での新助の動向は分かりませんが、徳川軍の一員として従軍していたかもしれません。
 さて、「三方ヶ原の戦い」の直後に武田信玄が病死(狙撃が原因とも)したものの、その跡を継いだ武田勝頼は父の信玄と同様に徳川家の領地に攻め込んできました。
 その標的となったのが高天神(たかてんじん)城(静岡県掛川市)でした。この城は遠江における徳川家の重要な軍事拠点で、武田家と徳川家がこの城を巡って激しい争奪戦を度々繰り広げていました。
 天正2年(1574年)に武田勝頼は、父の武田信玄が落とせなかったこの城を、ついに落城させることに成功します。

長篠城を攻めるも、奇襲にあう

 遠江を掌握した武田勝頼が次なる標的としたのが、三河の長篠城(愛知県新城市)でした。
 この城は遠江との国境にある、高天神城と同様に武田家と徳川家が激しく奪い合った城です。
 当初は徳川家に属していたものの、武田信玄の侵攻を受けて武田家に属しました。しかし、武田信玄が亡くなるとすぐに徳川家康が攻め落とし、再び徳川家に属する城となっていました。
 天正3年(1575年)4月、武田勝頼は1万5千の大軍を率いて三河への侵攻を本格的に始め、5月にはとうとう長篠城を取り囲みました。長篠城に籠こもる徳川軍は、わずか500。落城は眼前に迫っていました。
 長篠城を落とされてしまっては、徳川家の三河の支配体制が揺るぎかねません。

 そこで徳川家康は8000の徳川軍に加え、援軍を依頼した同盟相手の織田信長の3万の大軍と共に長篠城の救援に向かいました。
 5月18日、長篠城から4㎞ほど西にある設楽原(したらがはら)に到着した徳川・織田連合軍は、その場に陣を設けて馬防柵(ばぼうさく)を築きました。その中に新助の姿もありました。
 さらに、5月20日の深夜、織田信長は徳川家の重臣の酒井忠次(さかい・ただつぐ)に命じて、長篠城を取り囲む武田家の拠点である「鳶ヶ巣(とびがす)砦」を奇襲によって攻め落とし、武田軍の退路を脅かすことに成功しました。

次のページ 「待つ戦」を提案するが……