【日本史の実行犯 ~あの方を斬ったの…それがしです~蘇我入鹿を斬り伏せ大化の改新をもたらした男~】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

日本史の実行犯 ~あの方を斬ったの…それがしです~蘇我入鹿を斬り伏せ大化の改新をもたらした男~

日本史の実行犯 ~あの方を斬ったの…それがしです~

 入鹿の遺骸から流れる血は、降りしきる雨がよって洗い流され、庭は雨水でいっぱいになっていたと言います。その光景を哀れに思ったのか、入鹿の遺骸に筵(むしろ)や蔀(しとみ)が何者かによって掛けられたそうです。

 この翌日、入鹿の父の蝦夷(えみし)は中大兄らの軍勢に屋敷を囲まれ、火を放って自害しました。

 こうして「乙巳の変」は幕を閉じ、中大兄と鎌足による政変は成功を収めました。

 その後、蘇我氏の権力を背景にして、中大兄と皇位を争っていた古人大兄は、出家をして大和国の吉野へ隠棲しました。しかし、謀反の噂が流れたため、中大兄に軍勢を派遣され討ち取られてしまいました。

 この時、兵40人を率いて古人大兄とその子を討ったのも、佐伯子麻呂であったと言います。

 この謀反を実際に古人大兄が企んだのかは不明であり、何としても古人大兄を亡き者にしたかった中大兄の謀略ではないかという見方もあります。

「乙巳の変」で大きな功績を残し「大化の改新」の一翼を担った子麻呂は、天智5年(666年)に病床に就きます。

 この時、子麻呂の先が長くないと知った「天智(てんじ)天皇」は、子麻呂のお見舞いに自ら訪れたと言います。この天智天皇こそ、ご存知の通り、即位を果たした中大兄皇子でした。

 天皇自ら見舞いに訪れるというのは異例のことであることから、「乙巳の変」「大化の改新」における子麻呂の功績がどれほど大きなものだったかが分かります。

 天智天皇は病床の子麻呂の功績を大いに称えると共に、病に臥せる子麻呂を見て嘆き悲しんだと言います。

 この後、間もなくして子麻呂は亡くなるのですが、その死後に大錦上(天武天皇の御世の官位:26階中の7位)の高位を贈られています。

 そして、死後90年以上後の天平宝字元年(757年)には、律令制の功労者に給与される功田(こうでん)を与えられ、上功(4つの功の内の上から2番目)として40町6段(≒402,600㎡:東京ドーム約8.6個分)の土地が子孫に与えられ、3代に渡って伝えられたと言います。

 ちなみに、佐伯子麻呂が功績を挙げたという「乙巳の変」を詳しく記した『日本書紀』は、後世に書かれたもので多大に脚色・誇張・虚構された部分があり、実は暗殺現場の大極殿が当時はなかったと言われており、蘇我入鹿の専横や中大兄皇子と中臣鎌足の活躍は事実と異なるのではないかという見方がされています。

 現在、事件当時を偲ぶ遺構はほとんどありませんが、暗殺の現場となった「飛鳥板蓋宮」の跡地と言われる史跡や、入鹿の首が飛んで行ったという場所(板蓋宮から約600m北)には「蘇我入鹿の首塚」と呼ばれる五輪塔が残されています。 

KEYWORDS:

オススメ記事

長谷川 ヨシテル

はせがわ よしてる

歴史ナビゲーター、歴史作家。埼玉県熊谷市出身。熊谷高校、立教大学卒。漫才師としてデビュー、「芸人○○王(戦国時代編)」(MBS、2012年放送)で優勝するなどの活動を経て、歴史ナビゲーターとして、日本全国でイベントや講演会などに出演、芸人として培った経験を生かした、明るくわかりやすいトークで歴史の魅力を伝えている。テレビ・ラジオへの出演のみならず、歴史に関する番組・演劇の構成作家や、歴史ゲームのリサーチャーも務めるほか、講談社の「決戦! 小説大賞」の第1回と第2回で小説家として入選するなど、幅広く活動している。NHK大河ドラマ『真田丸』(2016年)の第3話に一般エキストラとして14秒ほど出演。また、金田哲(はんにゃ)、山本博(ロバート)、房野史典(ブロードキャスト!!)、いけや賢二(犬の心)、桐畑トール(ほたるゲンジ)とともに、歴史好き芸人ユニット「六文ジャー」を結成、歴史ライブやツアーを展開中。トレードマークは赤い兜(甲冑全体で20万円)。前立ては「長谷川」と彫られている(特注品で1万5千円)。著書に『ポンコツ武将列伝』(柏書房刊)『マンガで攻略! はじめての織田信長』(原作・重野なおき、金谷俊一郎との共著、白泉社刊)がある。雑誌『歴史人』の人気ウェブ連載をまとめた『あの方を斬ったの…それがしです ~日本史の実行犯~』が3月19日(月)配本!


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

あの方を斬ったの…それがしです
あの方を斬ったの…それがしです
  • 長谷川 ヨシテル
  • 2018.03.20