【ホーム開幕戦、駆けつけくれた人たちへの思い<br />お笑い芸人・杉浦双亮の挑戦記<12>】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ホーム開幕戦、駆けつけくれた人たちへの思い
お笑い芸人・杉浦双亮の挑戦記<12>

東京から山田邦子さんと、相方が来てくれた! 決意を新たに。

邦子さんの優しい言葉に決意を新たにする

「投げる姿、見せられなくてすみません」

 邦子さんは、

「あの展開じゃ無理だよね、でも試合を見られて嬉しかったし、すごく楽しかったよ」

 もう、本当に感謝でいっぱいだ。

 たくさんの人に支えられていることに感謝しなければいけない。

 やまうっちゃんはやまうっちゃんで、東京でひとりにさせているのに、その不満をおくびにも出さず、

「完全にアスリートの顔してるな」

って。

 そんな言葉にちょっと複雑な思いを抱きながら、やっぱり感謝の気持ちで心がいっぱいだった。やまうっちゃん、ありがとう。

 あ、でもやまうっちゃんに言いたいことがある。

 邦子さんは仕事が忙しく、翌日早々に帰らなきゃ行けなかった。だから、翌日の僕の初登板は見られなかった。それは仕方ない。

 でも、さ、やまうっちゃん。

「明日も投げられる可能性あるかもしれないから、残ってよ」

って言ったら二つ返事で、

「予定入ってるから」

って、邦子さんと一緒に帰ったよね。

 そっか、東京で頑張っているのか。コツコツ仕事してるんだな……って申し訳ない気持ちで、マネージャーにそんなことを伝えたら、

「明日は仕事ないよ?」

って、ドテー!!

 私用じゃん(笑)!

 コンビ愛、はどんな用事に負けたのか気になっているソウスケでした(笑)。

 そうそう、この試合には両親もはるばる来てくれていた。

 ほかにも友人が来てくれたし、前回も書いたけれど、愛媛マンダリンパイレーツの応援団の人たちの声もとっても嬉しかった。

 ベンチで声を出して送り出してくれた選手、コーチ、監督にも同じ気持ちだ。

 たくさんの喜びをもらった二日間だった。みなさん、ありがとうございました。

 でも。

 最初にも書いたけれど、いまのままじゃダメだって、そんなことを痛感させられた二日間でもあった。応援してくれる人がいる。だからこそ、もっと恩を返したい。練習をして、いい選手になりたい。

 かけがえのない記憶と、強い決意をもらったこの二日間を大事にして残りシーズン、がんばっていきます!

オススメ記事

杉浦 双亮

すぎうら そうすけ

1976年2月8日東京都八丈島出身。趣味はスポーツで体を動かす、地図を見る、天気を見る。特技は、球技全般(特に野球のピッチングは芸能界1の自信)、モノマネ。



オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/360monkeys/ ツイッター:@sugiurasousuke


この著者の記事一覧