イスラム法学者とアラビストが映画『ジャーニー』を観に行った…【中田考のレンタルおじさん】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

イスラム法学者とアラビストが映画『ジャーニー』を観に行った…【中田考のレンタルおじさん】

中田考「レンタルおじさん、始めました」連載第2回

 

■何故クオリティが低いのか!?

 

中田:この前「鬼滅の刃」の映画観に行ったんだけど到底比べ物にならないよね。まるで実写かと思わせるような鬼滅の緻密な絵と滑らかな動きと比べると、ジャーニーなど紙芝居のように感じられました。MbSが予算をケチってこういう出来になったのか、そもそも東映アニメーションがアラブを舐めて作ったとかなのかなぁ。どっちだろうねぇ

 

依頼者:やれって言われたから作ったっていうくらいの作品でしたね

 

中田:本当にそうだよね。それにすごい説教くさいでしょ。

 

依頼者:日本人向けに教えてくれる感じはしましたよね

 

榮谷:説教くさいというよりあの回想で物語のテンポが落ちていたましたよね。こっちとしてはもうある意味結末を知っているのにムーサー(モーセ)の出エジプトとかヌーフ(ノア)の方舟とかの全く無関係な話が挟まれてすごく冗長に感じましたよね

 

中田:モーセの出エジプトにしても、ノアの箱舟にしても、主人公アウスにとって実体験に基づくリアリティのある実話でなく、ただの又聞きの昔話でしかない。そんなもので神の奇跡が起こるのを信じる、と言われても、偶像を崇拝していた当時のメッカの多神教徒たちにも説得力はないし、そもそもキリスト教徒でもなく聖書も信じていない日本人にはピンときませんよね。それに直接「努力して良いことをすれば必ず神は報いてくれる」とか「信仰心があれば必ず奇跡は起きる」とか口に出すのではなく、ストーリーと映像で伝えるのが本来のアニメでしょう。

 

依頼者:本当に心理描写がないままストーリーに置き去りにされていく様でしたね

 

KEYWORDS:

※カバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

オススメ記事

中田 考

なかた こう

イスラム法学者

(プロフィール)
中田考 なかた・こう
イスラーム法学者。一九六〇年生まれ。同志社大学客員教授。一神教学際研究センター客員フェロー。八三年イスラーム入信。ムスリム名ハサン。灘中学校、灘高等学校卒。早稲田大学政治経済学部中退。東京大学文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。カイロ大学大学院哲学科博士課程修了(哲学博士)。クルアーン釈義免状取得、ハナフィー派法学修学免状取得、在サウジアラビア日本国大使館専門調査員、山口大学教育学部助教授、同志社大学神学部教授、日本ムスリム協会理事などを歴任。現在、都内要町のイベントバー「エデン」にて若者の人生相談や最新中東事情、さらには萌え系オタク文学などを講義し、二〇代の学生から迷える中高年層まで絶大なる支持を得ている。近著に『イスラームの論理』、『イスラーム入門』、『帝国の復興と啓蒙の未来』、『13歳からの世界制服』など。小社刊『みんなちがって、みんなダメ 身の程を知る劇薬人生論』(KKベストセラーズ)がロングセラーに。最新刊『ハサン中田考のマンガでわかるイスラーム入門』(サイゾー刊)が話題に。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

みんなちがって、みんなダメ
みんなちがって、みんなダメ
  • 中田 考
  • 2018.07.25