平成も残りあと僅か。今や至る所で耳にする「平成最後」という言葉。そんな最後の年に、現役女子大生3人が「新語・流行語大賞」と共に平成を振り返る。その時代の色を表現するとも言える流行語は、彼女たちの目にどう映るのか。遠慮なしのぶっちゃけトーク!(前編)に続く後編。

■スポーツ関連のワードは、ランクイン率高め!

サキ:ではでは、ここで2人に問題です。平成18年には2つの言葉が年間大賞に選ばれています。1つは「品格」。さてもう一つは何でしょう! 冬季オリンピックがヒントだよ。

 

マホ:え〜なんだろ…浅田真央ちゃんとか?

サキ:うんうん、いい線いってる。

ユウカ:わかった。イナバウアーじゃない?

サキ:お、正解でーす!

マホ:やっぱりオリンピックとか、スポーツ関係の言葉は比較的多くランクインしてるんだね。

ユウカ:確かに。ちょうどこの平成19年辺りは、〇〇王子がブームになった頃だね。このハニカミ王子(平成19年/年間大賞)って誰だっけ?

サキ:これはゴルフの石川遼くんだね。ハニカミ王子って言われてた頃、まだ15歳だったのか。

マホ:うわ〜すごいね。でもなあ、石川遼くん、髪型がなあ…。

サキ:言いたいこと、すごくわかる。ダサいよね。

 
次のページ ちょっと野球優遇されすぎじゃ?