もう今から20年前になる。1998年、長野オリンピックの名シーンと言えば、スキージャンプ団体ラージヒル。原田雅彦さんが「フナキィ~」と声を絞り出して祈る中、4人目の船木和喜さんがジャンプを成功させて金メダルを獲得した。船木さんは個人ラージヒルでも金、個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得。ワールドカップ通算16勝は日本最多勝利数である。船木さんは長野オリンピック後に独立しスポーツマネージメント会社を設立しその他、食品事業もはじめアップルパイを手掛ける実業家は、ジャンプの普及、支援活動にも熱心で、指導者の顔をも併せ持つ。そして42歳の今なお現役のジャンパーだ。船木さんの「金メダル後の人生」に迫る。最終回。

【前回まで】
五輪金メダリスト船木和喜が「新宿のビルで上から下まで飛び込んだ」理由

競技でも経営でも『負けたくない』っていう自分がいる

――船木さんは「美しい飛形」で知られています。長野オリンピックの個人ラージヒルでは5人の審判員が全員満点をつけたエピソードは有名です。船木さんにとって、完璧なジャンプというのはありますか。

 

船木 完璧に飛べたなっていうジャンプはあるんですけど、今までずっと競技を続けてきても2、3回しかないですね。感覚でやる競技なので、その数少ない完璧なジャンプを一体どんなふうに飛んだのかおぼろげな記憶しかない。時間が経てばもっと薄れていきます。

 突発的にいいものが出たときって説明がつかないことって多いじゃないですか。メモを見たところで、感覚がよみがえることはないです。もちろん、その映像は持っていますが「すげえな」って人ごとのように思います(笑)。

 

――その完璧なジャンプを今も追い求めている、と。

船木 もちろんです。簡単に手に入るものって、あまり嬉しくないというか、手に入るのが難しいから、喜びも大きい。現役を続けているのは、やっぱりもう1回完璧なジャンプをしたいって思っているから。もちろん勝ちたいし、結果を手にしたい。そして何万人の前で飛びたい、昔の仲間に会いたいという気持ちもあります。

――船木さんは完璧主義者ですか?

船木 いやいや(笑)。自分のことをそう思ったことはないです。でも周りにはいろんな人に会ってきましたけど、完璧な経営者さんとかいっぱいいるわけじゃないですか。ウチより小さかった会社が、みるみるうちに大きくなってすごいなって。でも競技でも経営でも『負けたくない』っていう自分がいます。それはこれからも変わらないと思います。