出演が決まった瞬間、「生きててよかった!」と叫んだほど、本田翼にとって思い入れのある作品となった映画『鋼の錬金術師』。インタビュー前編ではヒロインのウィンリィ役を演じるにあたってのこだわり、そして作品にかける思いについて語ってもらった。後編ではさらに共演者との思い出、映画のおすすめポイントなどを聞いた。
写真を拡大 12月1日(金)公開の映画『鋼の錬金術師』でヒロインのウィンリィ役を演じる。

インタビュー前編はこちら

いちファンでもある本田翼が語るハガレンの魅力

 本気のマンガ好き、ゲーム好きで知られる本田翼だが、『鋼の錬金術師』については、写真集でコスプレを披露するほど大好きな作品だ。今回、実写映画化を手がけた監督は、映画『タイタニック』にもCGアニメーターとして参加した曽利文彦。そのためCGの出来にも注目が集まったが、その迫力は映像を観ても分かるように圧巻だ。彼女も完成した作品を見て「『ホントに日本の映画なの?』って思うクオリティでビックリしました」と振り返る。

本田 CGの入るシーンはグリーンバックでの撮影も多くて、炎を出すマス タング大佐役を演じたディーン(・フジオカ)さんは「オレ、指パッチンだよ。火、出てんのかな?」ってずっと言ってました(笑)。エドを演じた山田(涼介)さんも、 アルと喧嘩するシーンでは、目の前にいないアルを殴らなきゃいけなくて。エドにとっては辛い場面で、本当に感動のシーンなんですけど『エドを演じる山田さんも辛いな.....』 って思いながら見ていました。でも曽利さんのことを信じていましたし、 完成した映像は本当に想像以上のスケールで感動しました。

 『鋼の錬金術師』で描かれる兄弟の成長や、自己犠牲の尊さ、その対局にある人間の身勝手さといったテーマは、大人が見ても奥深く感動的だ。本田翼もこの作品の「一人ひとりのキャラクターが魅力的なところ」と「ストーリー」が何よりも好きだという。

 

本田 本当に感動するし、全部の話に感情移入して応援したくなっちゃうん です。少年マンガって、バトルに勝って話が進んでいくことが多いですけど、ハガレン(『鋼の錬金術師』)は勝つだけじゃ何も得られないこともあったりして、その葛藤も凄くいいなって。今回の映画は、原作で名シーンと言われる場面はほとんど入っていますし、アクション・エンターテインメントとしても楽しめますけど、私はストーリー自体が何よりいいなって。意外な ところでうるって来ちゃうポイントもたくさんありますし、2人の兄弟 の行く末をついつい見ていたくなってしまう作品です。