第6回「文鳥青年の理想と現実」