秋篠宮眞子さまと小室圭さんの婚約問題の例にもれず、皇室の結婚はいつの時代も注目の的である。令和になり天皇に即位した皇太子徳仁殿下も、浩宮さまと呼ばれていた昭和時代から「お妃探し」が始まり、雅子さまを含めた有力候補者が続々と報道されていた時代があった。
ジャーナリスト・小田桐誠氏がこのたび上梓した『消えたお妃候補たちはいま』(KKベストセラーズ)には、その頃のお妃候補者たちの現況をも追ったそれぞれの人生ストーリーが記されているが、ここでは試みに天皇陛下の側からご成婚までの歩みを、現代の「婚活」感覚を交えながら読み進めてみたい。

今月4日の一般参賀で、長和殿ベランダに並ばれた天皇皇后両陛下。

にこやかに手を振られる雅子さまの黄色のローブモンタント姿に、26年前の婚約内定会見時も黄色いドレスだったことを重ねて報道していたメディアもあり、あの日を思い出した方も多いだろう。

1993(平成5)年1月19日、会見での皇太子さまはとても晴れやかで、どこか安堵したような表情に見えた。

時にはご学友から旧皇族・旧華族、経済界、趣味の音楽やテニス関係まで、あらゆるルートの令嬢、才媛が有力候補だけで70人もあげられた。にもかかわらず続々と消えていき、最終的に雅子さまに決まるまで紆余曲折だった「お妃探し」が終わることも意味していたからだ。

 

結婚相手を探すなら婚活するのが当然になった現代では、一般人でも候補者が70人にのぼることは何ら特別なことではない。が、驚くべきは婚活期間の長さだ。

最初にお妃候補の報道が出た、浩宮さま17歳(学習院高校3年生)のときから数えれば約15年。さすがに高校生では結婚への本気度も低いが、学習院大学院を経て英国留学で学業期間を終え、お妃探しが本格スタートした25歳、1985(昭和60)年から数えても7年かかっている。

 

現在、結婚相談所に入会して相手をみつけ結婚を前提に退会する「成婚退会」までの平均期間は、長くて1年といわれる。それに比べ7年はあまりに長い。普通に考えれば“婚活こじらせ男子”認定案件だろう。

本書の主役は雅子さまを含め、あくまでお妃候補となった女性たちだが、随所に出てくる浩宮さま・皇太子さま時代の記者会見コメントを追って読んでみよう。

すると、その心模様が推察でき、同時に候補女性たちが起こしたリアクションをみると、どうしてそんなにこじらせてしまったのかが浮き彫りになってくるような気がするのだ。
 

次のページ スタートの甘さと厳しすぎる条件がアダに…