平成から令和へと時代は移り変わり、世の中の祝賀ムードはすでに落ち着きを見せ始めている。
そんな一方でいまだ昼間のワイドショーで盛り上がりを見せているのが小室圭さんと真子さんの婚約のゆくえ。「人の不幸は蜜の味」とでもいうように世の中はなにか猛烈にスキャンダルに飢えている。この度『平成の死 ~追悼は生きる糧~』(KKベストセラーズ)を上梓した著述家・宝泉薫氏が、平成時代の「自殺」にスポットを当て、「令和」を生きるヒントを特別寄稿した。(『平成の死: 追悼は生きる糧』より)

■色っぽさと儚さが同居する美人の自殺

川田亜子。

 5月は自殺が多い月だ。また、平成は十数年にわたって年間自殺者が3万人を超えるという時代だった。それゆえ、平成の5月には印象的な自殺が目立つ。今から11年前には、フリーアナの川田亜子が29年の人生を自ら閉じた。

「母の日に私は悪魔になってしまいました。(略)産んでくれた母に、生きている意味を聞いてしまいました。母の涙が私の涙がとまりません。母の涙が耳の奥で響いているのです」

 ブログにこう綴った12日後の5月25日、練炭自殺。悪魔云々については、のちに「妊娠中絶」の意味ではないかという見方も出たが、真相はわからない。自殺の動機に関しても、彼女をめぐる「三角関係」が取り沙汰され、死から4ヶ月後には「最後の恋人」が「元カレ」を訴えるという事態まで勃発。ちなみに「最後の恋人」は米国人の平和活動家で「元カレ」は大手芸能事務所幹部とされる。「元カレ」は彼女を前年春にTBSから引き抜いたが、その後破局、ただ「最後の恋人」との接近には強く反対していた、というのが当時報じられた構図だ。

 そんな川田の性格について、TBSでの先輩でもあった小島慶子は一周忌にラジオでこう振り返った。

「クソ真面目すぎて、少し頓珍漢なの。そこが可愛くってね。全く邪気のない人でした。彼女がもっと計算高くて、もっと腹黒いところがあったら、あんなに傷付かなくても済んだんじゃないかなって思うこともあります」

 また、色っぽさと儚さが同居するような男好きする美人でもあり、それが彼女の運命を左右したといえる。