相鉄・JR直通線開業日を発表
お披露目された12000系

 2019年3月28日、相模鉄道(以下、相鉄と略す)とJR線の直通運転開始が11月30日と発表され、同時にその直通運転で使用される相鉄の新型車両12000系が報道陣にお披露目された。
 12000系は、相鉄が車両の塗色として2016年以降導入しているヨコハマネイビーブルー(YOKOHAMA NAVYBLUE)という濃紺の車体だ。港町横浜をイメージした色は、都心へ乗り入れても、横浜からやってきた相鉄の電車だということをアピールでき、好ましいと思う。車体前面は獅子口と呼ばれる高級車のボンネットみたいな形をしている。これは、智慧の神様であり、めでたいものとされる文殊菩薩の乗り物である獅子、その能面をイメージしていて、鉄道を護る存在を表しているとのことだ。中々、インパクトのある風貌である。

12000系車内

 車内は、オールロングシートの通勤型車両なので華やかさ、豪華さはないけれど、現代的で居心地のよい雰囲気を醸し出している。車内照明が昼白色と暖色系の2種類あって時間帯によって変えられたり、楕円形のつかみやすい吊り手、相鉄ならではの車内にある鏡、ユニバーサルデザインで誰にも使いやすい車端部の座席など、よく工夫されている。これなら、直通運転では1時間を超える乗車時間となっても車内で過すのが苦にならないであろう。

車両基地から出発

 相鉄本線の終点海老名駅のひとつ横浜寄りにあるかしわ台駅に隣接した車両基地内でピカピカの12000系に乗り込む。ホームがないので航空機のタラップのような仮設の階段を上って車内に入る。参加者数に比べて格段に余裕がある10両編成というキャパシティなので、7人掛けシートをひとりで独占できるほどだ。ゆったりくつろいでいると、電車は静かに動き出した。

横浜行き電車と並走、かしわ台駅へ向かう

 暗い車庫の中から外へ出ると、車両基地の人たちが手を振って見送ってくれる。まずは、車両基地の中の線路を海老名方面に向けてゆっくりと走り、輻輳した線路が2本にまとまり、本線と並走するあたりで停止。横浜方面へ向かう電車をやり過ごし、信号が変わったのを見計らい、進行方向を逆に、すなわち横浜方面にスイッチバックして動き出した。のんびり進んでいると本線を横浜行きが通過、競走するように進み、横浜行きはかしわ台駅の3番線、試乗列車は4番線へと同時に到着した。
 かしわ台駅で10分程停車。ホームに降りて最後尾の車両を撮影したり、駅の様子を見た後、車内へ戻る。いよいよ発車時間だ。

東名高速を渡る

 なめらかにスタートして、12000系は相鉄本線を快適に走りだす。周囲は一戸建てやマンションが目につく郊外の住宅地である。しばらくすると畑も目につき、春らしく菜の花で黄色に染まっている。6車線もある幅の広い東名高速道路を一気に渡り、緑あふれるふれあいの森公園の近くを通り過ぎると、地下にもぐって小田急江ノ島線との乗換駅大和に到着する。

9000系とのすれ違い

 再び地上に出ると、相変わらず住宅地が続く。気分を変えて先頭車両の運転台後ろに行ってみた。掘割の中を走ったり、踏切の多い地上を走ったり、カーブが連続したりと変化に富んだ前面展望である。12000系と同じヨコハマネイビーブルーの9000系とすれ違い、いずみ野線と合流すると二俣川に到着だ。

西谷付近で東海道新幹線と交差
JR直通線は地下へ

 二俣川の2つ先の西谷(にしや)が近づくと線路際は工事に余念がない。西谷から相鉄・JR直通線が分岐するからである。駅の手前では引き上げ線を整備中だ。都心からやってくる電車の一部はここで折り返すものと思われる。西谷駅のホームの真上を東海道新幹線が斜めに横切っていて、折しも東京行きの列車が矢のように猛スピードで通過していった。西谷駅は2面4線という待避線のある駅で、両側の待避線が横浜方面に延びて地下へもぐってJR直通線へと進むようになっている。直通線が開業すれば、12000系は、ここで本線と分かれて新線に乗り入れるのだ。試乗会では素直に横浜駅方面へ向かうが、今から直通運転が楽しみである。

帷子川河畔の桜

 上星川駅あたりで帷子(かたびら)川が寄り添ってくる。河畔の桜は満開だった。川を渡って和田町駅を通過し、横浜新道の下をくぐると、最近完成したばかりの高架線に上がって星川駅に停車する。待避線にしばらく留まり、横浜行きの快速電車に道を譲る。ホームいる人のほとんどは横浜行きの電車を待つため私の乗っている車両に背を向けているが、中には見慣れない12000系に注目している人もいた。

星川駅で快速電車を待避
次のページ 令和4年に予定される相鉄・東急直通線にも期待