女性の永遠のテーマである「若々しさ、美しさ」を、流行に翻弄されずに確実に自分のものにするにはどうしたら良いのでしょうか? この連載では、本質的に健やかで美しい女性であるための方法を、パーソナルトレーナーの三雅さんが、妙齢女子の体と心の在り方から見つめていきます。大好物のコラーゲンや女性ホルモンとの付き合い方などに触れながら、華麗に加齢に抵抗する術を授けます。

■肩甲骨のリセット

 春めいてまいりましたね。いかがお過ごしでしょうか。春はノラネコちゃん達が賑やかになったり、元禄の芸術である春画にも春という字が使われていたり、もう大人なので冒頭から大人なお話ですが、三大欲求の1つである性欲と春は切っても切り離せない、そんな季節ですね。

 ヒトの性欲は男性ホルモンが生み出しているのですが、女性も、女性の体内にある男性ホルモンが性欲を生み出しています。男性の性欲は子孫を残す本能的なものでもありますが、日常では、女性の胸やお尻など視覚的なものに強く刺激されますよね。そういった女性のセクシーな体やツヤツヤお肌を作っているのは「エストロゲン」という女性ホルモンで、このホルモンの多くは男性ホルモンから作られているのです。

 興味深いのが、男性ホルモンから作られるのはこのエストロゲンだけで、出産を司るプロゲステロンという女性ホルモンは作られません。おもしろく言ってしまえば、男性が女性にセクシーな体を作らせ、女性の性欲を上げさせ、それを見た男性の性欲が上がってしまうシステム。めでたく子孫繁栄、種の保存。神様お見事です。アッパレとしか言いようがありません。

 私たちはつい女性ホルモンだけを欲しがってしまいがちですが、上記のように、女性に必要な男性ホルモンも活性化していることが、結局は女性ホルモンの活性化に繋がります。女子のみなさん、臆することなく男性ホルモンも活性化させましょう。筋トレをすると男性ホルモンが活性化します。大丈夫です、よっぽどなことをしない限り、普通の女子がマッチョになることはなく、男性ホルモンが増えすぎることは考えにくいとされています。筋トレをして男性ホルモンも活性化し、セクシーな体、ツヤツヤお肌、もれなく性欲もついてきてモテモテです!

 そしてその筋トレには他にもたくさんの良い効果がありますが、その中でも注目したい偉大なる効果が「成長ホルモンの分泌」です。いかにたくさん成長ホルモンを出せるかが、私たちのテーマ「若々しく美しく」に重要であるかを、第1回第2回コラムにも書きました。さて、あなたは充分に成長ホルモンを出せているでしょうか?

 成長ホルモン分泌が低下している人の自覚症状がこちらです。①疲れやすい。②集中力が続かない。③ヤル気が出ない、すぐに落ち込む。④性欲の低下。⑤皮膚の乾燥、薄くなる。⑥毛髪や体毛が薄くなる。⑦骨量の低下。⑧筋力の低下。⑨コレステロールの増加。⑩体脂肪の増加。など。いかがでしょう。みなさん心当たりはありますか?

 逆に、成長ホルモン分泌が良い場合の働きはこちら。①お肌をはじめ、プルプル新鮮な細胞を全身で作り出す。②美肌要素のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の元である線維芽細胞を増やす。③お肌のターンオーバーを促す。④あらゆる若返りホルモンのベースになる。⑤糖代謝を正常に保つ。⑥悪玉コレステロールを減らす。⑦血管を柔らかくし血管年齢を若返らせる。⑧記憶力、精神の安定、前向きなヤル気をもたらす……などです。

 なんだかトキメキませんか? 意識の高い人はご存知、老化の原因である糖化(糖代謝)も成長ホルモンが深く関わり、また見た目年齢と血管年齢は比例すると言われていますが、それも成長ホルモンの働きによるのです。そしてこの成長ホルモン、年齢関係なく自分の心がけ次第で分泌を増やせます。活用しない理由がありません。大人な私たちの心に、キラキラな希望が湧いてきますよね!

 

 成長ホルモンが多く分泌するタイミングは大きく2つあり、筋トレ時と良い睡眠時です。その効果的な分泌方法や、分泌しやすい体質改善方法は追ってお伝えしますので楽しみにしていてください。

 そして今回の“今日からできる小さくても確実なこと”は、「肩甲骨のリセット」です。

 前回、提案した「骨盤リセット」はやってみましたか?多くの女性の骨盤は硬くなっていて、自然なリズムに合わせた開閉ができなくなっています。それがダイレクトに子宮や卵巣、女性ホルモン、自律神経に大きく影響するので、骨盤を柔らかく保つことは、全ての女子にとっての超重要事項です。

 その骨盤は肩甲骨と連動して開閉をしています。もはや肩こりは国民病、猫背やストレートネックの人も大勢いて、みなさん肩甲骨がバリバリに固まっています。それではどうしたって連動している骨盤の開閉を妨げるのです。

 では「肩甲骨のリセット」の方法です。肩甲骨の表裏の筋肉や筋膜を剥がすリセット法もあるのですが、ここでは「まずはとにかく肩甲骨を柔らかくするリセット」をお伝えします。

 こちらもやり方は簡単です。腕を左右交互に、背泳ぎのように後ろ回しをします。コツは腕が耳に触れるように回すことです。腕が耳に届かない人は、相当バリバリに固まっています。これを1日に何回でも、無理をせず気持ちよくやってください。

 

 肩こりは改善され呼吸も良くなるばかりか、骨盤と肩甲骨がリセットされると、体の歪みもかなり改善されます。こうやって本来の自分に戻っていくことが大事です。体にしろ心にしろ、本来の自分ではないから痛みや不調が出るのです。

 また、あまりに肩甲骨が硬くなり回しにくい人は、ゆっくりゆっくりと回して練習をしてください。続けることで段々と気持ちよく回るようになってきます。

 なにはともあれ、春がやってきましたよ。よく言われることですが、恋愛ほど女子を若々しく美しくするものはありません。いくつになっても恋愛をしましょうよ。アイドルに胸キュンでもいいです。私の知人は閉経したのに大好きなアイドルのコンサートに行ったら、翌日に生理が来ちゃいました。女の部分が再び開花。ヒトという生き物は素直でかわいいのです。そしていつまでも「若々しく美しく」。