お酒好き、日本酒好きなら誰もが知りたい!地元の酒を熟知した唎き酒師がエリアごとにうまい酒を厳選!有名な銘柄からリーズナブルなものまで、各県の特徴とともに今飲むべき日本酒を『一個人』2月号よりご紹介!

■南国生まれの味わいを楽しむ

 九州地方の地酒といえば、焼酎と思われる向きも多かろうが、実は福岡は酒造好適米の王様ともいわれる「山田錦」の有数の産地。 温暖な気候は米作りには向かないとされるが、県内には多くの蔵元があり、酒造密度(面積に対する酒蔵の数)は全国でもトップクラスだ。
 
 また、技術や設備の発達により、寒冷な地域とはまた異なる南国の地酒造りが各県で営まれてきた。宮崎や鹿児島など焼酎が主流の県でも名蔵が存在する。 
 
 泡盛文化が主流となる沖縄県内では、県唯一ではあるが、うるま 市「泰石酒造」が、かつて長崎にあった蔵元から技術提携を受けて、1960年代より『四季醸造方式』 を導入。1年を通して一定の環境を作り、日本最南端発の清酒製造が開始されている。