2020年4月中旬より、東京・大阪ショールーム、公式サイトで先行販売開始~アスリートのみなさんに心から喜んでいただけるスペシャルなマットレスを開発しました~


 多くの尊敬すべきトップアスリートに選ばれ、支持され続けてきたイタリア生まれの熟睡寝具「マニフレックス」(株式会社フラグスポート 代表取締役社長:山根崇裕、東京都 港区)は、来る東京2020オリンピックに向けてアスリートのみなさんに心から喜んでいただけるスペシャルなマットレス『リスペクト アスリート スペシャル ’20』を2020年4月中旬より、マニフレックスの東京と大阪のショールーム、公式サイトで先行販売いたします。トップレベルのスポーツ選手のご要望に応えてきたマニフレックスが、培ってきたノウハウと技術の粋を全て注ぎ込んだ、特別モデルです。あこがれのアスリートと共に健康志向のユーザーのみなさまに、マニフレックスの確実な進化をご披露します。


芯材には健康と地球環境に配慮した「エリオセル(R)」を使用。
 


 マニフレックスの芯材フォーム<エリオセル(R)>は、独自の技術により、水を基に生成 しているので、その製造過程において、また最終的な廃棄の際にも、大気、水、土壌への汚染物を出しません。人の健康と地球環境に全く悪影響を与えない優れたプロダクトです。眠る時には絶対に必要な「寝具」だからこそ、健康に直結する正しく優れた品質と、地球環境を壊さずに持続していくことが可能な製品選びが必要であると考えています。

【主な製品特徴】
1.芯材は高反発フォーム「エリオセル(R)」を使用 



 メインの芯材フォームには、しっかりとした硬さ、反発力が特長の「エリオセル(R)」を17cm使用、どんな体型のアスリートでも身体のカーブに合わせて下から支え上げます。マットレスとの間に隙間が出来ないから、スポーツ選手にとっては正に「要」となる腰の部分にもしっかりとフィットしてサポートし、負担を大幅に軽減させます。跳ね返す力が強いので寝返りも打ちやすく、ストレスなく身体の向きを変えることが可能です。

2.表と裏で寝心地が変えられるリバーシブル構造
 本品は1枚のマットレスで「ソフトサイド」と「ハードサイド」2種類の寝心地が味わえます。体格やお好みはもちろん、体長・コンディションの変化に合わせて使い分けていただくことが可能です。


ソフトサイド
側地内部には、ソフトな感触が特長の「エリオセルMF(マインドフォーム)(R)」と「エリオセル(R)」、「エリオファイバー」を採用、この「エリオセルMF(R)」が入ることで、肌あたりがとてもしっとりと優しくなり、包み込まれるような寝心地を実現しています。性別・体格を問わずアスリート全般に対応していますが、特に小柄で軽量なアスリート、腰の部分が反りやすい女性アスリートには最適です。

ハードサイド
側地内部は「エリオセル(R)」と「エリオファイバー」を採用、芯材だけでなく側地内にも「エリオセル(R)」を入れることでしっかりと硬めの寝心地を実現、体重のある大型選手でも、身体が沈み込まずに理想的な睡眠姿勢をキープしてくれます。

3.側地表面には「フライニット生地」を採用




 スポーツシューズではお馴染みの伸縮素材「フライニット」を側地に採用、ストレッチ性が高いので、芯材・側地内の「エリオセル(R)」「エリオセルMF(R)」の感触・反発力をロスなく最大限に引き出してくれます。また、摩耗に強く耐久性にも優れているので、アスリートのハードな使用にもしっかりと対応します。

4.大きな体格の選手にも嬉しい特別サイズ
幅120cm×長さ210cmは、これまで数多くのアスリートの特注対応・サイズオーダーに対応してきたマニフレックスが、そのデータを基に導き出した最適解です。高身長で手足の長いバスケット選手、バレー選手でもストレスなく手足を伸ばせる理想的なサイズです。


5.側地は外してメンテナンス可能



側地は裏側からパイピングを排することで型崩れしない設計になっています。ジッパーで上下が完全にセパレートになるから、汚れたサイドだけをドライクリーニングすることが可能で、とても便利です。 



商品概要】
芯 材エリオセル(R)
側 地フライニット素材(ポリエステル 95%、ポリウレタン5%)
上面/エリオファイバー、エリオセルMF(R)、エリオセル(R)
下面/エリオファイバー、エリオセル(R)
   ブラック
サイズ 幅120×長さ210×高さ23cm
価 格 135,000円(税抜本体価格)

マニフレックスについて
イタリア・フィレンツェ近郊で1962年に設立、現在世界98ヶ国に展開する、世界最大級の寝具の総合ブランドです。国立フィレンツェ大学とエルゴノミクス(人間工学)に関する共同研究を進め、商品開発に反映。敷き寝具全般、枕や関連商品など熟睡と健康に係るアイテムをトータルにプロデュースしています。


マニフレックス略歴


1962年イタリア・フィレンツェ近郊でジュリアーノマニ氏によりマニフレックス社設立
1986年 「真空ロールアップ製法」発明
1993年 日本市場進出
2012年  マニフレックス社 創立50周年
2012年12月(株)フラグスポート大阪支店 開設
2013年11月 日本発売20周年
2015年9月(株)フラグスポート大阪支店
移転リニューアルオープン
2016年    「真空ロールアップ製法」発明30周年
世界98ヶ国以上に輸出し愛されている


<マニフレックス独自開発の高反発フォーム「エリオセル(R)」の特徴
1.
優れた体圧分散性・・・高反発フォーム「エリオセル(R)」は、身体のもつ自然な凹凸に合わせて、特に頭・首・肩にかけての小さなS字と、背中・腰・お尻にかけての大きなS字の部分に、しっかりとフィットし支え上げてくれるので、理想的な寝姿勢を保つことができます。 

2.通気性/温度変化に強い・・・
高反発フォーム「エリオセル(R)」はオープンセル構造で通気性に非常に優れています。湿気や汗がこもってムレることがなく、周囲の温度によって硬さが変化することもないので、夏場に柔らかくなったり、冬場に硬くなったりすることがなく、一年を通じて同じ寝心地でお休みいただけます。また、電気毛布や湯たんぽの併用も可能です。

3.長期保証・・・
高反発フォーム「エリオセル(R)」は耐久性にも非常に優れており、枕で3年、マットレスであれば10年~15年という寝具では稀な長期保証を実現しています。

4.人体にも地球環境にも無害・・・
高反発フォーム「エリオセル(R)」は人体・地球環境に有害なものを含まないクリーンでエコロジーな素材であることから、マニフレックスは、エコロジー製品であることを証明する国際規格<エコテックス・スタンダード100>の認証を取得しています。

5.真空ロールアップ製法・・・
マニフレックスのマットレスは、イタリアの工場において、特殊な機械を用いて体積を8分の1に圧縮されます。この製法により、輸送時の排出ガス(CO2)を抑制、コストの大幅な削減も可能となり、商品価格に反映されています。また、工場からお客様のご自宅まで異物の混入を防げるので衛生的であり、コンパクトな形状のため、間口の狭い住宅やスペースの限られた搬入経路の運び込みも容易です。高反発フォーム「エリオセル(R)」の高反発性・通気性・耐久性の高さがこの特殊な梱包・輸送形態を実現させています。


<マニフレックスとSDGs>


マニフレックスは、SDGs「世界を変える17の目標」に賛同し、持続可能な社会の実現を目指しています。中でも12番目「つくる責任つかう責任」はマニフレックスのブランドコンセプト、製品特長に非常に合致した達成目標です。芯材フォーム「エリオセル(R)」は、独自の技術により、金属スプリングやプラスチック素材を使用せず、水を基に生成しており、その製造過程において、また最終的な廃棄の際にも、大気、水、土壌への汚染物を出しません。また、マットレスで最大15年、まくらにも3年という、寝具としては稀な長期保証を設けていることから「製品ライフサイクル」が非常に長く、長期に渡って使用することが出来る為、廃棄・処分の頻度を抑えることが可能です。

<株式会社フラグスポートについて>



株式会社フラグスポートは、代表取締役社長の山根崇裕が1993年、日本へのマニフレックス製品の輸入・販売を開始。日本・アジア総代理店を務める。2018年11月1日 日本発売25周年を迎える。愛用者に著名なアスリートが多く、健康産業の一つとして各界から注目されている。
本社:東京都港区 代表取締役社長:山根崇裕 
公式サイト:  https://www.magniflex.jp/
フェイスブッック:https://www.facebook.com/MagniflexJP 
ツイッター:https://twitter.com/magniflex_JP
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ